手術室看護師の求人先・待遇を知っておこう



看護師の方の職場にもさまざまなものがあります。同じ病院であっても、受付を担当したり、入院している患者さんの世話をしたり、実際の治療に立ち会ったり、手術室看護師のその1つで、独特の仕事内容があります。

ここで、手術室看護師について理解していただき、ご自身の職場としての候補の1つに加えていただければと思います。


手術室での仕事内容について

手術室看護師は主に、実際の手術に立ち会って医師の補助をします。「看護」というよりも「補助、手伝い」といったほうがわかりやすいと思います。

実際の執刀は医師が行いますが、医師だけでは対応できない場面も多く、看護師の役割は重要です。

テレビドラマなどで医師が「メス!」と言ったら執刀用のメスを渡したり、医師の汗を拭いたりああいうシーンの手伝いを手術室看護師は行います。また、手術中の患者さんの容体に何かあった場合は、即座に対応するために医療器具や薬を持ってくることなども、看護師の仕事になります。


1.仕事の大まかな流れ



手術室看護師の重要な仕事は、実際の手術の場面ですが、それだけではありません。以下で大まかな流れを書きます。

手術患者の情報収集

手術を受ける患者さんがどのような症状で、どこが悪いのか、これまでの経過はどうかなど情報を集めて、医師などに伝えます。スケジュールの共有もここで行います。

術前病棟訪問

手術前に患者さんと面会し、注意事項や心構えなどを伝えます。患者さんは非常に不安で精神的にも不安定です。そんな患者さんの心をやわらげてあげるのも看護師の仕事です。

手術中

医師の手伝いをします。執刀医や麻酔医だけでなく、放射線技師など同席する専門家との連絡調整も行います。

大きく「機械出し」(医師に器具を渡したり、機器を準備する)と「外回り」(手術全体の流れの手伝いで、機会を搬入したり、患者さんの心電図などを見たりします)とに分かれます。どちらかをほかの看護師と分担して行うことになります。

術後病棟訪問

手術後、経過が良好かどうか確認したり、医師の看護指示が守られているかどうかを確認し、医師に報告します。

ここで注意していただきたいのは、手術前の入院段階での看護や、手術後の患者さんのケアなどは病棟担当の看護師の仕事であって、手術室看護師の仕事ではないということです。あくまで、手術に直接かかわる前後の仕事になります(もちろん、術後の確認中に患者さんに何かあったときなどは対応します)。

<関連記事>
ICU(集中治療室)への看護師転職はココに注意!

2.手術室看護師のメリット

手術という医療の最先端に常に関わることができるため、医療技術や知識を多く吸収することができます。難しい手術を成功させれば、達成感が非常の大きくやりがいのあるものです。人の命に関わるものなので責任も非常に大きいのですが、それだけ見返りもあるということです。

また、手術は基本的に平日に行われることが多く、ほかの病院勤務の看護師と比べて土日休みが多く、ご自身の予定が立てられやすいということもあります。もちろん、緊急手術の際は立ち会わなければいけません。


3.覚悟していただきたいこと

手術中に血を見るということだけではなく、いうまでもありませんが、手術中命を落としてしまう患者さんもいます。人の命と向かい合わなければいけない職場です。精神的に厳しい状態になってしまうこともあるということを意識してください。


手術室看護師のお給料について



一般的に看護師の収入は

病棟看護師≧手術室看護師>外来看護師

であるといわれています。手術室看護師は病棟看護師と同じくらいかやや下回る程度です。

病棟看護師が高いのは、より即応した対応が求められ(病状が急変した患者さんへの対応など)、夜勤や見回りなどの肉体的な負担も大きいためです。深夜手当や残業手当が多くなるため、収入は増します。

手術室看護師の場合、手術が時間通りに終われば、そこまでの残業はないようですが、独特の加算要因もあります。手術室看護師の収入については以下を参考にしてください。


1.基本給

年齢や経験にもよりますが、25万~30万円前後の人が多いようです。もちろん、この待遇も病院によります。


2.賞与

ボーナスです。これも病院によります。多い人だと200万円近く稼ぐ場合もあります。ボーナスが高いのはその病院の業績がよいためですから、より評判のいい病院に勤務する必要があります。


3.残業手当

手術が時間通りに終わればそれほど残業もありませんが、手術内容によっては長引いてしまいます。言うまでもないことですが、手術中に離席することはできません。手術が終わるまでは業務に従事しなければなりません。


4.危険手当

手術室看護師独特の手当です。手術という非常に精神を使う業務、かつ人の命に関わるという負担に応えるための手当になります。


5.待機手当

「オンコール手当」とも呼ばれます。緊急手術に備えて、病院や自宅で待機して時間が拘束されることに対して支払われるものです。これも手術室看護師独特のものです。

年収平均でいいますと、500万円弱、看護師平均よりも高く、特に外来専門の看護師と比べると100万円程度高くなっています。厳しい業務に対する見返りもありそうです。

<関連記事>
看護師の転職、外来と病棟とではココが違う


手術室看護師に向いている人

上で書いたように手術室看護師は人の命と向き合う場面が非常に大きくなります。そうした中ではやはり適性というものがあります。


1.精神力、体力のある人

人の命と向き合えるメンタルの強さも必要ですが、手術の際は医師も非常に神経を使っているため、時には罵声に近い言葉を浴びることもありますが、それを受け止めることができなければいけません。

また数時間にわたる手術はずっと立ち仕事です。それだけの時間を耐えられる体力も必要になります。


2.コミュニケーション能力のある人

手術の現場では細かいやり取りを瞬時に把握して、医師などの要求に応えなければいけません。患者さんと話さなくていいからコミュニケーション能力が必要ないわけではなく、むしろその場の状況に臨機応変に対応できなけれないけません。


3.マネジメント能力のある人

患者さんの状態を総合的に把握して、医師に連絡するなど手術の現場以外での能力も必要になります。看護計画をそのほかの看護師や医師と共有して、自分に課せられた業務をしっかりと遂行することが必要です。

上に立って指揮するのは医師ですが、それを一緒に遂行する手術室看護師にも協調できる能力が必要になります。


4.男性の看護師

手術室看護師は、精神科の看護師などと合わせて男性の看護師が活躍できる場です。体力があるということは、機材や医療機械を運んだり、長時間の手術に立ち会うことができるということです。

実際に男性が優遇される傾向にあり、「男性」であることを長所としてアピールできる職場になります。

<関連記事>
男性看護師求人の選び方


手術室看護師として働くためには



手術室看護の求人は、当然ですが手術のできる大病院や救急病院に限られます。直接病院へ問い合わせたり、ホームページを見る方法もありますが、どこの病院でもそこから求人募集しているとは限りません。

大企業が、就職ナビ経由でしか求人募集をしていないところが多いように、大病院をしかるべきお金を払って、身元のきちんとした人を採用したがるのも道理です。


手術室看護師の求人を探すためには、転職サイト、特に看護師専門の転職サイトを利用されることをお勧めします。ここならば、膨大な求人がまとまっていて、なおかつ信頼できる実績のところが多いので、出ている求人もまた信頼度の高いところばかりです。

ここから転職活動を行うことによって、

①経歴や職務についてわかりやすくまとめて相手に伝えることができる
②望む転職先を検索して、地域や待遇などでフィルタにかけることができる
③非公開などプレミアムな案件も存在、より高待遇を得られる転職が可能
④1度入力すればそのデータを使うことができる


など有利なことが多く、また無料なので安心してるようできます。条件に合うところが見つかるまで、現在の職場で仕事を続けることができます。

「男性歓迎」の求人もここならば見つけやすく安心して転職活動ができます。実際に転職するかどうかは別にして、登録してみてほかの病院はどのような待遇なのかを知っておくのも悪くないと思います。


「オペ室応援ナース」という働き方もあります

手術室に配属された男性の看護師がなかなかほかの部署に異動できないということもあるように、手術室看護師というのは一種独特なもので、経験がものをいう職場です。「やりたい」からだけではなかなか務まるものではなく、人の生死がかかっていますから、病院側もどの人材を配置するのか慎重になります。

逆に考えると、手術室の看護師のスペシャリストであれば、それだけで歓迎される土壌があるということになります。

ここで1つ提案したいのが、手術室看護師としての技量と経験を売るという方法です。「非常勤手術室限定看護師」とイメージしていただくとわかりやすいと思います。


病院のほうでは、経験がある手術室看護師のスペシャリストを求めています。ほかの業務はいいので、これだけをやってもらいたいという病院が意外にあります。そうしたニーズに応えるのが「オペ室応援ナース」という働き方です。

これは、専門のサイトに登録していただくと、期間限定の手術室勤務の求人が来て、応募すれば、書類選考と求人サイトの推薦のみで採用が決まるというもの。つまり面接がないんです。本当のご自身の経験と技術だけを売ることができるシステムです。


概要は以下のとおりです

・6ヶ月の期限付き
・基本給月額40万円+待機手当等(賞与、退職金はなし)
・設備付きアパート完備で単身OK
・原則3年以上病院経験のある方

その病院に就職するのではなく、完全に期間限定のお手伝いですが、その能力を高く評価して高収入が支払われます。


期間限定ではありますが、更新も可能。つまり、1年以上同じ病院で働くこともできます。ただし、職員(正社員)ではなく、あくまで派遣されている立場なので、賞与などはありません。

本当に自分の能力をお金に変えるというシステムです。このシステムを導入している会社は厚生労働省に認可されていますので、怪しい派遣業ではないので安心してください。提携している病院との信頼関係もあります。


登録は看護師(正看護師、准看護師)であれば誰でもできますが、専門のコーディネーターによってこれまでの実績や能力が評価されます。病院での面接がないといっても、実質的にはコーディネーターに対人スキルは評価されると思ってください。

それでも自信のある人、本当に自分の能力でやってきたい人にはこういう働き方もあるということで紹介しました。もちろん、普通の転職サイトで手術室看護師を目指すのも問題ありません。


まとめ

  • 手術室看護師は肉体的精神的にハードな職場である
  • しかし、その見返りとして収入は通常の看護師よりも高い
  • 経験や専門性が要求されるため、誰でもOKというわけではない
  • 経験があれば高く評価してくれるところが多い
  • 転職サイトでは手術室の求人を探すことができるので、働きたい人は登録したほうがいい
  • 手術室に特化した、期間限定の「オペ室応援ナース」という働き方もある




看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!  詳しくはコチラ


このページの先頭へ