ICU(集中治療室)への看護師転職はココに注意!



ICU(集中治療室)での看護師の仕事と転職についてここでは説明したいと思います。みなさんご存知のようにICUは、非常に危険な状態の患者さんの命を救うべく、可能な限りの医療を行っている「命の最前線」です。

それだけ責任が大きいところでありますが、実際にそこで働くということはどのような意味を持つのか、ここで考えていきたいと思います。


ICUでの仕事内容

ICUにおける看護師の仕事について把握する前に、簡単にICUとはどういうものなのか押さえておきましょう。


ICUとは



ICUとは、通常の病棟では対処できない重篤な患者さんや、大けがをした人が収容されている場所で、24時間体制でその容態を見守り、何かあれば即対応できるようになっている治療室です。

日本集中治療医学会の定義で「内科系、外科系を問わず呼吸、循環、代謝そのほかの重篤な急性機能不全の患者を収容し強力かつ集中的に治療看護を行うことにより、その効果を期待する部門である」


と、あるように、重篤な状態の患者さんの容体を落ち着けて、再び外の病棟での病気の治療を可能にするところまで持っていくイメージです。

元の病気の治療というよりも、それがもとで発生した命に関わる症状を収めるのがICUの主な役割です。例えば、内臓疾患で抵抗力が落ちて、日和見感染症が重篤になった場合は、その日和見感染症をICUで押さえて回復させ、もとの病棟で内臓疾患を再び治療するという感じです。


ICUには複雑で難しい最先端の救命機器が多数あるほか、さまざまな診療科目の医師が常駐しています。ICUに収容されている患者さんの症状は同じではありませんし、同じ患者さんでも複数のアプローチで救命しなければいけないことがあるからです。

重篤な患者さんを、その病院が持つ総力を挙げて助けるのがICUになります。


ICUでの看護師の仕事内容

このような非常に緊張感のある医療現場ですので、そこで働く看護師の仕事内容も甘いものではありません。ICUで看護師に求められているのは治療の補助です。具体的な薬剤の投与や医療措置は医師が行うと思いますが、それを助けて速やかに確実に治療を行えるようにするのが看護師の仕事です。

一般病棟では患者さんの生活の介護などを行うこともありますが、ICUに収容されている患者さんはそもそも意識がない人が多く介護どころではありません。最優先にその患者さんの命を救うためにすることを行うのが、ICUでの看護師の仕事になります。


医師の手助けを行うほか、心電図や脳波の検知など、その患者さんがいまどのような状態にあるのかを把握して全体を俯瞰しておくのも重要な仕事です。安定していた心電図に異変があれば一刻を争います。その場合、速やかに医師に連絡をすることになります。

また、輸血用の点滴の管理や、尿道のカテーテル、酸素呼吸器が外れていないかなどをしっかりと見て把握、管理するのも看護師の重要な仕事です。とにかく、医師は患者さんの命を救うために全力で医療行為を行っていますので、それをバックアップするのが看護師には必要なことになります。

<関連記事>
看護師がスキルアップできる転職先・急性期病院

ICUでのメリット・デメリット



ICUで働くことで得られるもの、逆に負担になるものそれぞれ存在します。


1.メリット

救急医療の最先端ですので、最新の医療技術に触れることができますが、それ以上に看護師としてのスキルアップが期待できます。

あらゆる状況に対応して適切に行動しないと、患者さんの命は救えません。ICUでの経験が増えていくことで、必然的にどのような場面であっても対応できる能力が身に付くと思います。


ICUでも勤務が長ければ周囲の評価も高くなります。いい加減な対応をする人はそもそもICUには置いておけないわけですから、それだけ病院側の信頼があるということですので、部署の移動や転職の際には大きな強みとなることでしょう。

また、人の命を救えるという実感がやりがいになります。看護師として人の命が守られる経験は何事にも代えがたいものになるでしょう。


ICUは24時間稼働しているので夜勤などは多くなりますが、労働時間そのものは比較的少なめです。意外と思われるかもしれませんが、極度の緊張状態を長時間強いることは業務の性質上好ましくなく、精神的に疲れてしまえばいざというときに対応がおろそかになってしまいます。

短期集中で業務に取り組むのもICUの特徴です。長時間労働で生産性が損なわれるのは、ことICUでは絶対にあってはならないことだからです。

2.デメリット

デメリットはメリットの裏返しで、特に精神的なストレス、プレッシャーが大きいということになります。重篤な患者さんが助かれば喜びも大きいに大きいのですが、そのためには常に精神を緊張させておく必要があります。


実際の労働時間以上に精神的に摩耗すいるのがICUの特徴です。また、ICUの性質上、どこよりも命を落とす患者さんがいます。精神的にショックが大きいものですので、それが耐えられない人は望まないほうがいいと思います。


勤務時間については比較的安定していますが、夜勤やシフト勤務は避けて通れません。ライフスタイルやプライベートを重視したい人にとっては、ICU勤務はデメリットとなり得ます。どちらにしても、特に精神的にかなりハードな職場であると意識してください。

<関連記事>
夜勤専従看護師の求人探しのポイントは?


ICUで働く看護師の給料について



上で述べたように、ICUは人の命を助ける最前線でとてもハードな職場です。それに応えられるように収入も高く設定されています。

通常の看護師の年収は470万円前後だといわれていますが、ICUで働く看護師の場合は、その平均が約550万円となっています。

高い理由は

・危険手当がつく
・夜勤が多いため夜勤手当が多く支払われる
・夜勤手当の単価が病棟勤務の場合よりも高いケースがある
・休日出勤手当がある


などによります。病棟での夜勤ならば、ナースコースなどがなければ見回りのような穏やかな仕事になりますが、ICUは常在戦場えす。常に緊張を強いれれることへの見返りは多少はありようです。

あとは、数十万円高いということをどのようにとらえるかだと思います。それだけもらっても、自分には荷が重いと思えば無理にICUで働くことはありません。


ICUでの勤務に向いている人

看護師という仕事自体、大ざっぱや適当ということはふさわしくはないのですが、ICUについてはこのようなことは絶対にあってはいけないことです。

患者さんの命を助けるためにできることをすべて行うのがICUです。

・まじめで、几帳面
・正確
・細かい


こうした性格がなければそもそも務まらないと思います。また、全体を概観し、今何が必要なのかを把握できる観察力も必要です。指示待ちではなく、自分から足りない部分を補うべく能動的に動ける(もちろん医師の指示は必要です)、そうした人がICUには向いていますし、求められている人材です。

ICUについては「なりたいから努力する」だけでは難しいものもあり、持って生まれた性格やそれまでの経験などが大きく影響する職場だと言えるかもしれません。

<関連記事>
30代での看護師転職で注意点すべき点は?


ICUで働くためには



ICUには外来などはありません。重篤な患者さんが直接搬送されてきます。そうしたICUで働くためには、まずICUを持っている病院が条件になります。一般病院やクリニックにはICUはありませんので、そこで選択肢から排除されます。


ICUを持っているのは

・脳梗塞や心臓病などの専門病院
・総合病院
・救急医療センター


などです。調べればICUがあるかどうかはわかりますが、そこで求人があるかどうかはわからないかもしれません。より高度な看護技術が求められているわけですから、むやみやたらな採用をしているところはあまりなく、能力、スキルが高い人を厳選して採用しなければいけません。

そのために応募する側が利用したいのが、看護師専門の転職サイトです。ここでは、自分のスキルや業務経験を登録し、希望する求人へ応募することができます。


ICUの求人についてはこのようなサイトを通じてのみの「非公開求人」が多く、これは確かな能力のある人を採用したいという病院側の意思でもあります。

もし、希望するICUの求人があれば、その条件や待遇を検討し応募してみましょう。ICUの採用数自体多くないので、求人案件も少ないと言えますが、そんな状況の中ピンポイントで探せるのは転職サイトを活用する醍醐味だと言えます。


なお、転職サイトの中にはエージェント制を取っているところがあり、そこでは専門のベテランコンサルタントの人が希望者を面接、評価し、推薦状を添えて病院へ応募してくれます。病院側もそのコンサルタントには信頼を寄せているので、コンサルタントに評価されるのがICUへの転職の1歩です。


まとめ

  • ICUは非常にハードで精神的緊張やストレスを強いる職場である
  • やりがいは大きいが、求められる能力も高い
  • 通常の看護師よりも高い収入が期待できる
  • 適性が非常にものをいう職場である
  • 求人は少なく、転職サイトを通じて探すのがよい




看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!  詳しくはコチラ


このページの先頭へ