30代での看護師転職で注意点すべき点は?



看護師として30代にもなるとある程度の経験を積んで、スキルや知識が高くなってきている時期でもあります。一方で結婚や出産など人生の重要なライフイベントも発生し、その後の生き方について、考えなければいけなくなる時期でもあります。


ここでは、30代で看護師として転職する場合に、何を注意していけばよいのか考えていきたいと思います。


30代の看護師について

まず、30代の看護師が置かれている状況について考えたいと思います。

看護師としての地位、経験

30代になると、おそらく看護師として就職して10年前後経過することになると思います。通常の民間企業でも、30代になるともはや「若手社員」ではありません。管理職手前の「係長」的な役職に就く人も多いですし、実務の責任者としての活躍が求められます。

看護師として、大病院などに努めていれば、「○○主任」といった肩書がついている人もいるでしょう。それだけ、その組織内で今後のキャリアについて考えていかなければいけない状態になっている人もいるかと思います。


一方で、逆にその組織内では出世競争から取り残されてしまったという人もあるかもしれません。単に看護師として働いていくのであればそのままでも構わないのかもしれませんが、より高いキャリアを目指そうとしている人は、その組織では手詰まりになってしまっています。

看護師としての専門性もこの段階になると見えてきます。ある特定の診療科目やICU、手術室などに長く勤務をしていれば、その分野のスペシャリストとして活躍できるだけの能力が身に付いていることと思います。

より、それを生かそうとするのか、新しく違った分野のスキルを身に着けようとするのか、判断するタイミングがこの時期になります。


人生のライフステージの節目

結婚や出産など人生のライフステージにおける大きな節目が訪れるのもこの時期です。男性看護師の場合はこれまで通りでよい場合も多いですが、女性の場合は、出産や子育てなどがどうしても関係してきます。

このままの働き方を続けるのか、ある程度テンポを落として働くのか、一時的に休職するのか、完全に辞めてしまうのか、ご自身とご家族の判断も踏まえて方向性を出していかなければならないのもこの時期になります。


収入を上げる方向か維持する方向か

30代看護師の収入はおおよそ看護師全体の平均年収(470万円)前後となり、十分なラインに達します。結婚の有無などもありますが、生活していくには十分なラインです。

ここから収入を高めていくようにするのか、維持しながらライフスタイルを高めていくのか、「お金の充実」は「生活の充実」か、選択できるラインに達するのが30代です。

個人としてどのように生きていくのか、看護師という資格を活用して自分にどう役立てていけばいいのか
、いろいろと選択できる絶好の時期が30代ということになります。

以上、30代の看護師が置かれている状況をまとめますと

①キャリアをどう考えていくのか
②家庭との付き合い方をどう考えていくのか
③看護師としての収入と生活の質をどう考えていくのか


のそれぞれの岐路にあるといってもいい状態です。これらを考えながら、転職について判断していくことになります。


30代看護師の転職におけるメリット・デメリット



実際に、これらの判断材料から転職を考えていくことになりますが、転職するということはその組織でのキャリアはあきらめるということですので、慎重な判断が求められます。

一般的に30代の看護師における転職のメリット、デメリットは以下のようになると考えられます。


メリット


1.収入のアップに期待

これまでの職場からより収入の高い職場への転職が期待できます。求人数自体は非常に多いので、これまでの経験を活かして収入増につなげる職場への転職が可能です。

「厳しいけれども収入が上がる職場」
「専門知識を活かして高収入な職場」
「同じような業務内容だけれども相対的に収入が高い職場」

いずれも豊富な求人の中から選ぶことができます。

2.専門性を高める

これまでの職場から転職することで、看護師としての専門性をより高くすることもできます。看護師としての経験は十分にあるのですから、それだけでもどこでも通用します。

そうした中にあって

・専門科目をより深める(精神科のクリニック→精神科専門病院など)
・ゼネラリストからスペシャリストへ(総合病院→専門病院など)


いずれも可能です。また、ほかの診療科目へ転職することで複数の分野の経験を深くすることも可能です。

3.キャリアを前向きにリセットする

これまでの職場が合わない、組織の中に居づらい、そうしたケースでも新規の職場に転職することでリセットして、新しい気持ちで再スタートを切ることができます。病院に向かなければ介護施設や保育園などの看護師を目指すのも1つの方法です。

4.生活に合わせて職場を変える

結婚や出産によって、時間がこれまでのように取れなくなってしまったり、夜勤で体力的にきつかったりする場合、より労働環境がやさしいところに転職ができます。

看護師として生活をするには十分な収入のラインには達していますから、あとはご自身の生活スタイルと相談して、無理なく続けられる職場を探すことで、生活の質を上げます。


デメリット



メリットも多い30代看護師の転職ですが、これまでの職場から移るわけですからデメリットもあります。

1.予想外の待遇

求人票のような条件だと思っていたら、実際は違った。収入が上がるはずが下がってしまった。休みが少なすぎる。

要はしっかりとした転職先だと思ったけれども実は「ブラック」だったという場合です。これまでの職場から変わるわけですから、このようなリスクはどうしてもついて回ります。

2.職場に慣れない

30代での転職は即戦力として期待されていますので、勤務先が求める期待値も高いものになります。これまでの業務と違うことを行った場合、自分よりも若い看護師よりできない可能性もあります。

これは看護師としてのプライドも傷ついてしまいますし、その職場に溶け込めないことになってしまうのかもしれません。職場が変わるわけですのでやはりこうしたことは起き得ます。

このようにメリット、デメリット双方ありますが、デメリットについては、事前に十分に情報収集できればかなりの部分防げるものだと考えます。


30代看護師にお勧めの転職先



30代看護師の転職についてはまず2つの考え方があると思ってください。

①看護師としてキャリアアップ、収入アップを図るための転職
②子育てなど家庭生活と両立できる職場への転職

それぞれの考え方によって、お勧めできる転職先も変わってきます。


①看護師としてキャリアアップ、収入アップを図るための転職

より専門的で収入が高い職場への転職をお勧めします。


具体的には

・ICU、手術室
・救急外来
・専門病院

などです。非常に大変ではありますが、やりがいもありスキルや知識も身に付いていきます。

②子育てなど家庭生活と両立できる職場への転職

働きやすく、自分の時間が取りやすい職場への転職をお勧めします。


具体的には

・クリニック
・外来専門
・透析病棟
・保育園

などです。時間の拘束がゆるいところもありますし、保育園などでは子育ての知識も活用できます。


30代看護師の転職で注意すべき点

転職先の実態がどうかによって、転職後の自分の待遇や環境がどうなってしまうのか決まるということは書きましたので、ここでは繰り返しません。

ただ、一般的に30代での看護師の転職は次の2つの側面があり、採用側の意図を読まないといけません。

■即戦力として30代を歓迎したい
■出産→産休の可能性のある人は避けたい


相反する2つの側面があります。いくら能力があっても、新婚ですぐに妊娠する可能性があれば、やはり採用はしづらいものです。

子育てが一段落しての転職とか、当面結婚の予定外場合などはいいのですが、やはり採用する側もこの微妙な年齢に注意します。


結婚のご予定は?妊娠していますか?とか出産のご予定は?というプライベートなことを聞くことは本来NGですが、聞かれないとも限りません。

求人先がどのような人を求めているのか「本音」を理解しないと、結局採用されない可能性もあります。

とはいえ、なかなかそうしたものを読み取るのも難しいのも事実です。そこで活用したいのが看護師専門の転職サイトです。


ここを通して転職活動を行えば、今の自分の状況や相手が求めている人材がどういう人なのかわかります。転職サイトの中には専門のコンサルタントがいて、相談に乗ってくれるだけではなく、転職先の紹介をしてくれるエージェント機能を持つところもあります。

ここならば、コンサルタントに自分の事情を打ち明けて、より現実的な転職先を探してもらえます。自分の価値をどう活かしていくのか、それをより効果的にアピールできるのが転職サイトです。是非とも利用していただくことをお勧めします。


まとめ

  • 30代は経験豊富で能力もあり、即戦力として求人は多い傾向にある
  • 一方で、結婚などの人生の節目でもあり、どのように看護師としてやっていくのか判断が必要な年代でもある
  • どういう看護師人生を進むかによって転職先も異なる
  • 自分の方向性にあった転職先を見つけるためにも転職サイトの活用をお勧めする




 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!



このページの先頭へ