40代の看護師転職で注意すべき点は?



40代になると子育てなども一段落して、またバリバリ働きたいという人も多いと思います。これまで勤務していたところからより、本格的な現場への復帰をしたい、あるいは、育休から復職したいという希望を持つ人もいらっしゃると思います。

一方で体力の衰えを感じはじめるのもこの時期です。昔のように夜勤などを行おうとしても疲労が蓄積してしまうこともあります。

看護師全体としては売り手市場でありますが、若いころのようにはいかないケースも出てくるかもしれません。ここではこうした40代の看護師の転職について考えてみたいと思います。


40代の看護師について



40代は非常に経験が豊かで、その知識を現場に活用できる円熟した年齢でもあります。一方で、子育てなどを行っていた場合は、そのブランクに苦しむ場合もあります。40代看護師の特徴についてさまざまな角度から以下にまとめてみました。


①豊富な経験、知識が前提

ブランクが多少あっても、これまで務めてきた知識や経験は豊富です。さまざまなことが起こりうる医療現場において、それは大いに役に立ちます。

逆に、そうした経験が乏しい場合は転職を行う上では価値を下げてしまいます。だてに年齢を重ねていないということを示す必要があります。

②体力的な心配

加齢による体力の衰えはどうしても防ぐことはできません。日常的に気を使っていても、夜勤が続くなどした場合は疲労が蓄積してしまいます。また、経験はあってもすぐさま行動できない、そうした場面もあるかもしれません。

③ブランクのある場合

子育てで10年以上看護師をしていないという人も中にはいます。その場合、現場の勘を取り戻すだけではなく、10年で発達した最新の医療機器や設備の使用に慣れるまでに時間がかかります。この場合は、あまり即戦力として判断されない可能性があります。

④年齢制限の問題

転職にあたっては、求人側が年齢制限を設けている場合があります。夜勤や緊急病棟などでは、経験も必要ですが体力や瞬発力も必要です。

何かあっては困るところですので、一律に年齢制限をかけているところがあります。また、面には出していなくても実質40代は採用しないという方針のところもあるようです。

⑤収入の格差

40代看護師の平均年収は500万円前後といわれています。これは看護師平均470万円よりも高いのですが、看護師としてキャリア街道を邁進している人も、子育てなどでセミリタイアしてパートやアルバイトなどでしか看護師をやっていない人も合わせた平均です。

従って、同じ40代とはいってもその収入や待遇、地位には人によってかなりの格差があります。病院に復職しても、同い年でも収入がはるかに高い上長の指示に従わなければならないということもあるかもしれません。

⑥求人側が求めるものの変化

40代の看護師の採用にあたっては、求人側も豊富な経験に期待し、さらに管理職的なマネージメントを求めるところが多いです。

プレイヤーとしてだけではなく、マネージャーとしての能力も期待されるとなると、そういう経験のない人には厳しい状態になりますし、ブランクがある人はなおさらです。求人側の欲しい人材がどういう人なのかを見極める必要があります。

このようなことをまとめると、40代の看護師は、需要はまだまだ大きいが、求人側が求める条件が変わってきていると捉えてください。「誰でもいい」という状況ではないということです。

<関連記事>
看護師、何歳まで転職が可能なの?


40代看護師転職のメリット・デメリット



40代で転職する場合、若いころとは違う長所、短所があります。ここではそれらについて解説していきます。


メリット

40代で転職する場合のメリットは以下のようなことが考えられます。

1.看護師経験の豊富さ

長年看護師をやっているので、その経験や知識は医療現場において大いに活用できます。若い看護師では対応できないようなケースでも、その状況に応じて処置を行うことができます。

医師が若い場合、看護師に対応の相談をしたり、知識を頼られたりするということもあるかもしれません。

2.専門知識の幅広さ

40代になると複数の診療科目の看護師を経験している人も多いと思います。そうした人は、その科目のプロフェッショナルですので、当該科目では歓迎されます。

大病院などでも採用のチャンスは増えますし、皮膚科経験15年という人なら、皮膚科のクリニックへの採用は非常に有利になります。「年の功」が生かせるというわけです。

3.子育ての経験、人生経験

実際にお子さんを育てた人ならば、小児科や産婦人科、保育園での看護師として働く場合はその経験を活用でします。

またそうではなくても、さまざまな医療現場以外での経験も看護師集団、あるいは病院全体で考えた場合、まとめ役として活躍できる可能性があります。

<関連記事>
児童養護施設の看護師求人、仕事内容は?

デメリット

逆にデメリットも存在します。やはり加齢によるメリットの裏返しが多いです。

1.体力面での不安

くり返しになりますが、求人側が年齢制限を設けている場合もあり、それは体力的な面が大きいのです。そうではなくても、夜勤はハードですので、新しい職場でいきなりきつい仕事をしてしまうことについては、リスクがあります。

2.適応性の問題

やはり年齢を重ねてしまうと、柔軟性がなくなってしまう人もいます。「自分なりのスタイル」が転職先で受け入れられない、そうしたことによってストレスが溜まったり衝突したりしてしまうこともあります。

分かっていてもプライドが邪魔をしてしまうケースもあります。年下に教わる、あるいは年下の上司の指示を受けるということが耐えられない人もいるでしょう。

メリット、デメリット双方ありますが、デメリットについては職場を慎重に選べば回避できるものだと考えます。


40代看護師にお勧めの転職先



40代での転職を考えた場合、加齢によるデメリットはどうしてもつきまとうので、なるべくそのハンディを感じないところへの転職がよいです。


1.クリニック

クリニックは残業も少なく、入院設備がなければ夜勤もありません。体力的に不安な方でも十分に勤めることができます。働いている人も少ないので、雰囲気になじむことができればすごく働きやすい職場だといえます。

2.総合病院、大学病院

もともと看護師の人数が多いので、経験者として指導的な地位で待遇してくれることもあります。体力的なことも配慮されて、プレイヤーではなくマネージャーとしての活躍を期待される場合もあります。ともかく、求人数は多いので、さまざまな条件やケースがありうるということを認識しておきましょう。

3.民間企業

新薬の開発に携わるCRCや治験コーディネーターなど民間企業で働くことも選択肢になります。実際の看護業務を行うわけではないので、体力的にも安心。デスクワーク中心の仕事です、求人は少ないですが、これまでの経験や知識を活用できる職場なので検討の余地はあります。

4.デイサービス、訪問看護

実際に介護をするとなると体力を使いますが、自分で動ける方や家族の介護がある方を訪問したり、お世話したりすることならばそうした心配もいりません。

訪問看護はこれからのニーズの拡大が予想される分野で、健康状態を管理し、具合をうかがい、かかりつけ医に報告するなどこれまでの経験を十分に発揮できる職場になります。

このように、40代であってもその経験を発揮できる職場はかなりあり、その需要もあります。看護師の職場はICUや夜勤病棟だけではないのです。

<関連記事>
ICU(集中治療室)への看護師転職はココに注意!


40代看護師の転職で注意すべき点



40代の場合、求人側の年齢制限や、暗黙のうちに対象から外している可能性があります。一般的な求人票からだとそれがわからない可能性もありますし、採用の可能性が低い職場に応募を続けてももったいないです。

そこで、40代の転職で必要なのは、確実に需要のあるところを見つけて、そこを集中的に応募するということになります。


ただし、これを1人で探すのは難しいことです。やはり、何か手助けになるようなものがあればいいのですが、そこで紹介したいのが看護師専門の転職サイトです。

転職サイトには各求人がまとめられていて、年齢や条件ごとに検索することができます。ここで40代OKの職場であれば応募することができるので効果的です。


また、より経験を活かせそうな職場についても転職サイトならば情報が集まっています。民間企業や訪問看護などは通常ではあまり見つからないかもしれません。さまざまな求人を網羅している転職サイトの活用は、その意味でも非常にお勧めできるものです。


まとめ

  • 40代であってもその豊富な経験や知識は歓迎される
  • しかし、夜勤など体力を使う職場は厳しい場合があり、求人の際にも制限がかかるものもある
  • 求める仕事もプレイヤーからマネージャーに変わっているところもあり、そうした職場だとブランクのある人はきつい
  • 経験を活用できて、体力的にも問題のない職場も存在する
  • そうした求人を見つけるためにも転職サイトの活用がお勧め




 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ