クリニック看護師へと転職するメリット・デメリット



看護師の職場として「クリニック」というものがあります。イメージとしては町の小さなお医者さんという感じですが、法的にも大きな病院とは定義に違いがあり、それによって業務内容も少し変わってきます。

ここでは、クリニックで働く看護師の仕事について紹介いたします。クリニック勤務がご自身の生活スタイルに合うかどうかの判断材料にしていただきたいと思います。


クリニックでの仕事内容

まず、「クリニック」とそうではない病院の違いを把握しましょう。


病院とクリニックの違い

医療法上、医療行為を行うところとして定義されているのは「病院」と「診療所」です。クリニックは診療所を言い換えたものになります。


病院

・病床数20床以上の入院設備を有する。
・医師が3人以上、看護師1人以上、薬剤師1人以上の配置が必要。
・開業にあたっては都道府県知事の許可が必要(勝手に開業できない)。

クリニック(診療所)

・病床数が19床以下の入院設備、入院設備はなくても構わない。
・医師が1名以上いればいい(看護師や薬剤師の定めはない)。


街のクリニックに薬剤師の人があまり見かけないのはそのためで、配置しなくてもいいからなんですね。法律をそのまま読むと、看護師も必要なく、医師がすべてやればいいということにもなりますが、それは現実的ではなく、実際に看護師のいないクリニックはほとんどありません。

以下、わかりやすくするため、ここで述べるクリニックは特に入院設備がなく、外来患者さんだけを診察するところとします。入院設備のあるクリニックの場合、仕事内容や待遇は「病院」に準じるところが多いからです。


クリニックでの仕事内容



クリニックと病院ではその仕事内容も微妙に異なってきます。


1.勤務時間

クリニックの場合、外来患者さんだけですので、開院している時間のみの勤務となります。患者さんが多い日などは残業もありますが、夜勤や休日出勤などは基本的にありません。より、自分のスケジュールを立てられることが利点です。

2.仕事内容

病院の場合、その専門科に応じた看護業務を行うことがメインになります。入院病棟などの担当であれば、容体の悪い患者さんの看護も行わなければいけませんし、緊急ベルがなれば駆けつけなければいけません。

手術室看護師ならば手術に立ち会いますし、緊急外来担当ならば大けがをしている人への応急措置も必要になります。

クリニックの場合は、そうしたケースはまずなく、医師の施術の手伝いをすることはありますが、どちらかというと会計や雑務など、本来の看護業務以外の比率が高くなります。

医療行為の補助というよりも、病院全般の業務の補助という意味合いが強くなるのがクリニックだと考えてください。看護師としての仕事に特化したいのであれば病院勤務のほうがよいでしょう。

3.ストレス

急患への対応や肉体労働(患者さんの介護など)、夜勤などがないため身体への負荷は弱めです。生活のバランスが崩れたりすることもあまりないと思います。

また、緊急外来や手術室、病棟勤務の看護師のように、患者さんが亡くなる場面に立ち会うこともあまりありません(全くないとはいいませんが)。精神的なショックやストレスもかなり軽減されている職場だと思ってください。

これだけ読んでいくと、クリニック勤務はよいことずくめのように思いますが、デメリットといいますか、病院と比べて不利な点もあります。これを次項で述べたいと思います。

<関連記事>
病院看護師の勤務時間の実情とは


クリニック看護師のお給料について



これがクリニックでのデメリットのいちばん大きな問題になります。クリニックの給料は、病院に比べて格段に低いのです。

病院の看護師の年収:450万円前後
クリニックの看護師の年収:350万前後


100万くらいの開きがあります。もちろん、病院の看護師の場合、残業や夜勤があるためその分の手当が加算されている場合も多く、緊急外来や手術室看護師の場合は特別な手当が支給されていることもあり、数字を押し上げているともいえます。

また、病院の場合、看護師の人数が多いので、その中で昇給などがあったり、役職がついてその分加算されることがあるなど、収入が増えやすい要素が多いのですが、クリニックの場合は看護師の人数が少ないので、差が付きにくい=収入が上がりづらいという場合が多いのです。


大企業(病院)と中小零細企業(クリニック)とイメージしていただくとわかりやすいかと思います。とはいえ、必ず 病院>クリニック と決まっているわけではありません。

中小企業の中にも大企業を超える収入があることがあるように、中には病院を超える収入が期待できるところもありますが、クリニックの場合は経営者(=医師)次第のところがあり、実際に就職してみないとわからない博打的な要素があります。

ただし、平均するとクリニックのほうが収入が少ないということです。


給与以外のクリニックの待遇について

クリニックへ転職する場合、収入面以外でも病院と比べて不利になり可能性があります。注意してください。


1.社会保険について

年金など社会保険制度が病院と比べて、劣っている可能性があります。厚生年金ではなく、国民年金だったり、社会保険の企業負担の割合が病院に比べて低いということもあります(法律では企業と個人で折半ですが、大病院の場合はそれ以上に病院が負担しているところもあります)。

2.福利厚生について

クリニックは個人経営の場合が多いので、福利厚生制度はほとんど期待できないと考えてください。リゾート施設の利用補助や、スポーツクラブ等の割引は大病院の看護師ならではの待遇と思ってください。

3.退職金について

退職金などもクリニックの場合期待できないところもあります。これもやはり経営者次第なのですが、退職金制度も設けいいないところもあります。これは転職する前に十分に確認しておかなければなりません。

そのほか、住宅手当の有無や残業代が必ず支払われるかどうかなど、クリニックの場合は注意する点があります。

大企業―中小企業 の比較のように、クリニックはワンマン経営が平然と行われて、「ブラック企業」的な要素がある可能性を考えてください(すべてのクリニックがそうだというわけではもちろんありません)。

大病院であれば、違法、脱法行為については是正が入りうるものですが、多くの中小企業のそれと同じようにクリニックでは目が届きません。実際に転職してから「しまった」と思っても遅いので、事前に十分に確認しておく必要があります。

<関連記事>
看護師の転職理由、医師からのパワハラ・セクハラに悩む


クリニック看護師に向いている人



労働条件の面で不確かなリスクがあるクリニックですが、そこさえ大丈夫ならば、働きやすい職場だといえます。

収入<働きやすさ

を重視する人であればクリニック勤務はお勧めです。

・決まった休みがある
・勤務時間が決まっている

という環境は、自分の時間を大切にしたい人や、子育て中の人などに特にお勧めです。

子どもが小さいうちは、近所のクリニックで働いて、子どもが大きくなったら改めてその後のキャリアを考えるということでも構わないと思います。子育て中にキャリアが中断されるよりも、クリニックで安定して働いていたほうが継続性があり、その後についても不利にはなりません。

このほかにも、大人数の競争関係のある人間関係が嫌な人は、アットホームなクリニックのほうが落ち着いて仕事ができますし、人の生死にかかわることが少ないので、そうした精神的な負担を減らしたい人にもお勧めです。


ただし、付け加えておきますと、大企業―中小企業の関係でもいえますが、規模が小さい=人間関係が濃い=逃げられない

ということでもあります。居心地がいい環境であれば最高ですが、人間関係が悪くなってしまうとほかの部署へ異動することもできません。狭い世界は上に立つ人(経営者)次第だということもあるので、事前情報の収集が大切です。

<関連記事>
転職を選ぶ看護師はどんな理由で退職しているの?


クリニック看護師として働くためには

クリニックは規模が小さいので、定期採用を行っているとことはあまりありません。その都度、求人を出すかもしれませんし、それすらなく知人や病院関係者の縁故で採用されることもあります。

つまり、求人はあまり表に出てこない可能性があるということ、さらに、実際の業務が募集要項と違い「ブラック」だったということもありえます。労働基準監督署なども小さなところまでは手が回らないというのが実情です。


ではどうすればよいのか。知人に確かな「つて」があり、安心して転職できるところであればそれを利用するのもいいと思いますが、そうではない場合は、やみくもに求人票を探して応募するのはリスクが高すぎます。

この場合、転職サイトを利用しましょう。看護師専門の転職サイトがあり、そこには各勤務先の求人がそろっています。


病院とクリニック、分かれて求人がまとまっているため、クリニックだけをピックアップして応募することができます。さらに、転職サイトは求人側がお金を払うシステムなので、そこに求人を出しているクリニックは、採用にお金をかけているところです。

人事にお金をかけているということは、比較的「ブラック」な要素は低い可能性があり、もし実際の待遇と違うことがあれば、サイト側から何らかの注意が入る可能性があります(サイト側も悪質なところを掲載し続けるわけにはいかないとうことです)。

・実際の業務内容や勤務時間、給与等を比較して選べる

・転職サイトに掲載されている病院は比較的オープンである


ということから、上で書いたようなクリニックのデメリットやリスクの可能性を低くできるのが転職サイトを通じたクリニックへの転職になります。

登録は無料ですので、試しに登録していただいて、実際のクリニックはどのような「相場」なのかを知っていただくのも悪くないと思います。


まとめ

  • 労働環境的には病院よりも厳しくない場合が多い
  • 看護業務以外の雑務も行う場合が多い
  • 収入や待遇は病院と比較してよくないケースが多い
  • 人数が少ないので、よくも悪くも「狭い世界」になってしまう。経営者次第のところが大きい
  • 求人は表に出づらいので、求人をまとめている転職サイトの利用を勧めします




 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ