看護師の転職先選び:大学病院で注意すべき点は?



看護師の転職先として大学病院を挙げることができます。大学病院と聞くと、最新医療設備が整っていて、労働環境としてもよさそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここではそんな大学病院で働こうとする看護師の人にとって注意すべき点について考えたいと思います。


大学病院での仕事内容

大学病院での仕事内容は通常の病院での勤務よりもより専門化されていると考えてください。ここではそうした仕事内容をポイント別に解説していきます。


医師と看護師の役割分担が顕著

大学病院では医師の数が通常の病院よりもかなり多くなっています。これは、医学部の学生の「研修医」の人もいますし、その大学を出て一定期間はそこの病院へ勤務しなければならないという医師もいるからです。

医師が多いとうことは、通常の病院では看護師が行っているようなことも医師が行う場合が多いということです。


看護師の業務はたいてい医師が行うことができます(法的にも能力的にも)。例えば、患者さんに点滴をするような場合や採血を行う場合、通常は「医師の指導のもと」看護師が行うことが多いのですが、大学病院の場合はそのまま医師自身が行います。

それでは看護師は何をするのかというと、本来のとおり患者さんへの看護業務に専念するということになります。


大学病院にはさまざまな症状の患者さんがいらっしゃいますので、その患者さんを看護し、医師の診察を受けさせる、あるいは入院している患者さんのお世話をするのが看護師の仕事になっています。医療行為は少ないと考えてください。


大学病院という特質



大学病院の場合、「大学」と名前がつくために通常の医療行為だけではなく、研究もしなければいけないところであります。患者さんの診察、治療を行うだけでなく、その患者さんがどのような経過をたどって回復したかなど、今後の医療に役立つようにデータとしてまとめることが必要になっています。

これはさすがに看護師の仕事ではありませんが、大学病院では以下の3つの機能を有すると考えてください。


1.病院

当然ながら最先端の医療を行う総合病院の機能を有します。大学は各地方の主要都市に置かれているところが多く、地域医療の担う拠点でもあります。

2.教育、人材養成

医師や看護師の教育、養成機関でもあり、今後の医療の担っていく人材を作り出す場所にもなります。よりよい人材の育成は急務であり、彼らにはここでさまざまな経験をしてもらうことになります。

3.研究

大学は研究機関でもあり、最先端医療の研究を常に行っています。国の許可のもとで新しい治療法などの実験も行われていて(もちろん対人研究の場合は患者さん同意のもとです)、さまざまなデータを解析して、新しい治療法の発展や、新薬の開発につなげます。

大学病院の医師は

①医師(病院)
②教授(教育)
③研究者(研究)

の3つの顔を持つことが多いということからも、その役割の多様さが理解できると思います。

看護師はその中では①についての従事がほとんどであり、その与えられた看護の業務を確実に遂行していくことになります。


大学病院で働く看護師のメリット・デメリット



大学病院ならではのメリットデメリットがありますので覚えておいてください。


1.メリット

何といっても最先端の医療の現場に接して、その知識を吸収できるということです。また、実際に新しい看護器具や看護用具を使うこともあるかと思います。通常の病院では使われていないものを看護に使うことができるため。より医療、看護分野への理解が深まるものだと思います。

また、看護技術や看護知識を習得するための勉強会や研修会が広く行われていることも特徴です。実際の看護現場だけでなく、先輩看護師や医師、専門家の方から幅広く看護について専門性を得られるのも大学病院ならではの強みです。

2.デメリット

デメリットはその専門性ゆえに発生する問題です。注射をしたりする措置も医師が行うということは、看護師はそのスキルを高めることができません。看護の能力は高くなると思いますが、医療行為の補助については、その必要がないためにあまり身につかない可能性があります。

もし、その看護師の人が一般病院やクリニックに転職した場合、点滴が刺せない、採血ができないという困ったことになります。そうした技術が低い人は、転職先から断れれてしまうかもしれません。


また、勉強会や研修会が多いということは、専門知識を深められる利点もありますが、一方で看護実務以外に時間を取られてしまうということでもあります。これが勤務時間内)=仕事)であるとは限りません。限りなく強制に近い「自主的な勉強会」などだと、手当などもなく、要はただで参加させられて、時間と体力を消費してしまうことになります。

このように大学病院ならではの仕事があり、看護師の業務もそれに合わせてほかの機関での勤務とは異なる面があると理解していただけたかと思います。

<関連記事>
国立病院勤務の看護師、メリット・デメリットを知っておこう


大学病院でのお給料について



大学病院勤務の場合、その収入はどうなのでしょうか。

看護師の年収の平均は470万円前後だといわれています。これは大病院や小さなクリニックなどの合わせての平均ですが、大学病院、特に国立大学病院の場合はおおよそその平均値に近いものとなっています。

病院にもよりますが400万円~600万円に収まることがほとんどです。公立大学病院の待遇は国立大学病院の待遇に準じているところが多いようです。


ただし、これは全国での格差がそれほどないということも示しています。公務員の場合と同じように全国での格差がそれほどないために、地方大学病院へ勤務すれば、その地域での収入はかなり上位に来ると思います。

また、大学病院の場合は、医師や看護師の数が多いわけですから、看護師内での役職も多様です。「看護師部長」「外科主任」のような役職に就けば、それだけ資格手当も付きます。どちらかというと、大企業というよりも公務員的なキャリア、昇給のイメージでいるといいと思います。


忘れていけないのは、国立大学は独立行政法人化されていますので、そこの職員も教授も医師も看護師も、公務員ではありません。

一方、私立大学に併設する大学病院がありますが、ここでの待遇は一概に言えません。その大学や病院の経営状態に大きく左右されます。「名医」の医師なら非常に高待遇で迎えられることもあるようですが、看護師の場合はそこまで差が付きません。一般的にどのような待遇なのかは病院ごとの求人を把握する必要があります。

まとめると

大学病院(国立・公立)の給料は看護師平均とほぼ同じ
※ただし私立大学病院は病院ごとに大きく異なるので要確認


となります。

<関連記事>
大卒と専門卒、看護師の給与に違いはある?


大学病院勤務に向いている人

大学病院での看護師業務はあらゆることを行うわけではありませんが、大学病院だから可能になることもあり、それを目指しているのでばお勧めです。大学病院に向いている人は以下のような人だといわれています。


看護業務に専念したい人

大学病院では役割分担がはっきりとなされていて、注射や点滴などは医師が行います。看護師は自分の本業である看護業務に専念できますので、ほかのことよりも何よりも看護をしたいという人には向いています。


専門性を高めたい人

最先端の医療に触れられること、また、研修会などで仲間とともに勉強できることで、看護師としての専門性を深めることができます。

看護師の上の資格である「専門看護師」「認定看護師」などについての受験知識も、業務を行いながら得られますので看護師としてのキャリアアップをしたい人については、大学病院での勤務がお勧めです。


多様な診療科目の知識を得たい人

大学病院医は、「内科」「外科」「耳鼻科」といったポピュラーな診療科目だけでなく、「放射線科」や「口腔外科」(歯科ではない)といったあまりほかでは設置させていない診療科目を開講しています。

その科目ごとに看護師として必要な知識やスキルは変わってきます。こうした異なる、求められる知識、技術を習得できるのが大学病院勤務の強みです。通常だと、異なる診療科目を学びたい場合は、転職しなければいけませんがそのようなことが必要ないということです。

このような人が大学病院勤務には向いているといえるでしょう。大学病院に求めるものは、収入というよりも知識やスキルといったものが多いですね。

<関連記事>
主任看護師の役割・業務を確認しておこう


大学病院看護師として働くためには

大学病院では中途採用も受け付けていますが、あまり表だって募集しているところはそれほど多くないようです。それは、例えば看護科併設の大学であれば、そこを卒業した看護師の人が多く採用されるといった事情もあります。

ただ、年齢構成の是正や能力のある人の受け入れのため、大学病院も求人を出していますが、その求人が普通に転職活動をしていては、なかなか見つけられないというわけです。


実は大学病院の求人は「非公開」のものが多いのです。非公開ならば誰もわからないではないかと思うかもしれませんが、普通にホームページはハローワークに掲示するように誰の目にも明らかになっている状態ではない、ということです。

非公開求人は専門の信頼のある転職支援業者へと伝わっています。それが看護師専門の転職サイトです。なぜこのようなことをするかといいますと、より確実に能力の高い看護師を集めるためです。


転職サイトでは、転職を希望する方が、ご自身のプロフィールや職務経歴を書き、自分の価値を客観的に示します。病院側も自分が求める人材像や待遇を示して、お互いに納得の上で応募することになります。転職活動の際の祖語を減らすことができます。

また、転職サイト中には、エージェント制度を取っているところもあり、そこでは専門のコンサルタントの人が看護師の方を事前に面接をし、評価をすることができます。大学病院とコンサルタントの方は信頼関係があるので、「大丈夫」だと判断した人だけを推薦し応募することになるわけです。


非常に効果的でよい人材を集められる方法ですので、大学病院での勤務を希望される看護師の方はまず、転職サイトに登録していただいて、ご自身の価値や大学病院の待遇などを把握してください。

それが大学病院へ転職するための第一歩だと思います。


まとめ

  • 大学病院では看護師は看護業務に専念できる代わりに、ほかの注射などのスキルが身に付きづらい
  • 収入は看護師平均とほぼ同様
  • 専門知識を深めたり最新医療に触れられる機会が多い
  • 求人は転職サイトにのみ出ている場合が多いので、登録するのをお勧めする



 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!

このページの先頭へ