夜勤専従看護師の求人探しのポイントは?



看護師として働くうえで、夜勤は大きな要素になります。クリニックなどでしたらそれも避けることができますが、夜勤手当がなくなるぶん、収入面では不安です。

夜勤はメリットもデメリットもありますので、注意しなくてはなりません。ここでは「夜勤専従看護師」という働き方について考えてみたいと思います。


夜勤専従看護師とは

夜勤専従看護師とはどの名のとおり、夜勤だけを専門的に行う看護師です。

夜勤のある病院での看護師の勤務体系は

○3交代制
日勤(8:00~16:30)
準夜勤(16:00~0:30)
深夜勤(0:00~8:30)

○2交代制
日勤(9:00~18:30)
夜勤(18:00~9:30)


などとなっています。夜勤専従看護師はその夜勤あるいは深夜勤の時間に働くことになります。

法律で常勤の看護師の夜勤の回数は月に8日以下と定められているため、これ以上増やすことはできません。従って、法的な規制+夜勤を避けたい意向があるため、夜勤専従看護師の需要が発生します。


夜勤専従看護師のニーズは

・入院病棟のある病院

・ICUや緊急外来など24時間体制での運営が必要な施設


になります。


当然ですが、クリニックなど入院病棟がないところでは夜勤はありません。

夜勤専修看護師には常勤と非常勤の2種類があります。常勤は正規雇用と考えてください。ただし、深夜だけの正規雇用というのは非常に数が少なく、多くのケースは非常勤=パート、アルバイトの待遇だと思ってください。その場合、ボーナスや退職金などは期待できません。

<関連記事>
時給のいい看護師パートとは


一方で、深夜の勤務なので、夜勤手当などがつくため時給換算すると非常に高くなります。


夜勤専従看護師のメリット・デメリット



夜勤ならではのメリット、デメリットが存在しますのでここで理解しておきましょう。

メリット

1.高給与

常勤であっても、非常勤であっても、時間当たりの単価は非常に高くなります。

常勤の場合は年収ベースでも看護師平均(470万円前後)を稼ぐことが可能ですし、それ以上の場合もあります。

非常勤の場合は1回の夜勤につき3万前後を得ることができます。

2.勤務時間が少ない

高収入であるため、一定の金額を稼ぐための勤務時間は低くなります。10日前後で普通の看護師の月給分を稼ぐことが可能です。つまり、休みが多いということです。これが夜勤専従看護師の大きな魅力です。

なお、常勤看護師の夜勤制限が月に8日までと書きましたが、非常勤の場合はその制限はありません。8日を超えて夜勤に入ることが可能です。

3.副業で可能

非常勤ならば平日はほかの仕事をしながら、休日に夜勤を行うというダブルワークも可能です。単価が高い仕事ですので、副業として大きな収入増になります。たくさん稼ぎたい人にはお勧めです。


デメリット

1.体力、体調面

当然ですが夜勤は体への負担が大きくなります。本来人間が持っている体内時計に逆らって働くわけですから、どこか体調がおかしくなる可能性もありますし、ホルモンのバランスなどは大きく乱れてしまいます。

看護師の場合だけに限ませんが、夜勤という働き方は体へのリスクが高いということを理解しておいてください。

2.高いスキル、経験が求められる

夜勤の場合、日中のように多くの医師や看護師がいるわけではなく、必要最小限の人数で行うことが多いです。

何かあった場合の対処も少人数、あるいは自分1人で行うことが求められ、スキルだけではなく経験も必要になります。看護師としての総合力が求められる職場だともいえます。

3.常勤の場合求人が少ない

夜勤専従看護師はそもそも、常勤の看護師の負担を減らすための穴埋めの意味合いが強いため、非常勤を前提にしている場合が多いのです。非常勤での求人は多いですが、常勤での求人は非常に少ないということを知ってください。


夜勤専従看護師の需要



以上のメリット、デメリットをまとめると、夜勤専従看護師とは

(看護師側)少ない時間で効果的に稼ぎたい
(病院側)常勤看護師の負担を減らし、固定費を抑えたい


という双方のニーズを満たした「WIN-WIN」が成り立つ働き方だといえます。逆にそれ以上のものは求められないともいえるでしょう。

<関連記事>
看護師転職、派遣で働くメリット・デメリットは?


夜勤専従看護師として働くための注意点

夜勤専従看護師としての仕事概要は以上のとおりですが、この働き方を選択する場合には注意していただきたいことがあります。

1.勤務日数を確認

非常勤の場合が多いですが、実際にどのくらい働くことになるのかを把握してください。効果的に稼げるとはいっても、あまりに多くの夜勤をすることは体への負担が大きくなってしまいます。

逆に当初考えていたよりも実際に入れる日数が少ないと、生活できなくなってしまいます。非常勤であれば、勤務日数が収入に直結しまうのでしますので、そこは注意してください。

<関連記事>
夜勤専従看護師と労働基準法

2.収入の内訳を確認

夜勤は収入がよいといっても、その内訳がポイントになります。

同じ1日の勤務で4万円といっても

①時給3000円×6時間+夜勤手当22000円
②時給2500円×6時間+夜勤手当25000円

では残業があった場合の収入が異なります(当然①のほうが収入が高くなります)

時給換算もなく包括の業務請負で1日4万円(つまり残業しても増えない)というケースはないと思いますが、こういう案件があればブラックの可能性がありますのでさらに注意が必要です。


3.常勤、日勤への転換の依頼

働き方がいいあるいは、その病院の看護師が不足している場合、日中も働いてほしいと頼まれる場合があります。この場合、どういう理由で夜勤専従看護師を選んでいるかにもよりますが、負担がかなり増えることも予想されます。

ご自身の判断でそういうことを是とするかどうか決めてください。あくまで時間で自分の仕事を売るというドライな関係に徹するのも1つのやり方です。


条件をクリアにするためには転職サイトを活用



夜勤専従看護師の求人自体、それほど表に出ていない可能性もあり、条件面でも詳しくわからない可能性があります。

そうした諸問題を解決するためには看護師専門の転職サイトを活用するといいでしょう。転職サイトには夜勤専従の案件が多く掲載されていて、時給や勤務時間、月の勤務日数などがわかりやすく書かれています。


夜勤専従の働き方を選択する人は、個人のライフスタイルを重視する傾向になりますので、より確実に条件を確かめることができる転職サイトの利用がお勧めです。

「転職」サイトとはいっても、夜勤専従看護師に多い非常勤の案件も掲載されているので安心してください。ともかく、現状どのくらい求人があり、それがどのような条件かを知っていただく意味でも、まずサイトに登録していただくのがよいでしょう。

登録だけならなら、実際に応募する、しないは個人の判断です。本当にこの働き方がいいのか、後悔しないためにも情報収集してみてください。


まとめ

  • 夜勤の収入は高くなるが、体への負担の大きく敬遠されがち
  • 常勤看護師の夜勤には制限があるため、夜勤の需要は高い
  • 夜勤は単価が高く、短時間で高収入が得られる
  • 常勤の求人は少なく、非常勤が多い
  • しっかり稼ごうと思えば条件面での確認が不可欠
  • そのための情報収集としても転職サイトの活用がお勧め



 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ