ホスピスでの看護師の仕事、その特徴は?



ホスピス(hospice)は、がんなどの重症、末期患者の看取りを目的とし、終末期ケア(ターミナルケア)などを行う施設を指します。


近年、患者さんのQOL(Quality of Life)を重視する医療が注目を集めており、ホスピスへの入所を希望する方の割合も増えてきています。

それに伴い、ホスピスの看護師求人も増加してきており、転職先として興味を持っているという方も増えてきているようです。そこで今回は、ホスピスにおける看護師の仕事やその特徴についてご紹介したいと思います。


ホスピスとは

ホスピスでは、治癒の見込みがない病気を抱える患者さんや、その患者さんを支える家族が、少しでも快適で豊かな生活を送れるよう、ケアやサポートサービスを提供しています。

また、ホスピスには緩和ケアなどによって、患者さんの痛みや苦痛、死に対する恐怖心を和らげる、という重要な役割もあります。


ホスピスには、

・病院内病棟型ホスピス
・病院内独立型ホスピス
・完全独立型ホスピス
・在宅ホスピス


などの種類があり、完全独立型ホスピスなどの場合緩和ケア・終末期ケアのみを専門に行うケースもみられます。

また、以前はホスピスというと「終の住処」といった表現をされることもありましたが、最近ではホスピスを最後の生活の場と称することは少なくなりつつあります。

近年ホスピスでは、苦痛を伴う症状を集中的に緩和して在宅療養に戻る「短期型症状コントロール入院」や、介護者である家族の休養を目的とした「レスパイト入院」なども行われています。


また、地域の医療機関と連携をとり、自宅で緩和ケアが行えるよう支援をするホスピスもあり、患者さんの状態や現状に合わせ、その時々で一番良い生活の場を提供する施設という性質が強くなっています。

日本においては、ホスピスは主に悪性腫瘍や後天性免疫不全(エイズ)の患者さんを対象としています。しかし、施設によっては人工呼吸器の装着を希望しない筋萎縮性側索硬化症(ALS)の終末期患者さんに対応したところなども存在します。


ホスピスで働く看護師の仕事内容



ホスピスは、治療が困難な重病を抱えた患者さんが、人間としての尊厳を保ちながら、その人らしく人生を生き抜くことができるようサポートする施設です。また、このことはホスピスで働く看護師の基本理念ともなります。

ホスピスで働く看護師は、一般の病棟看護師と同棟の看護業務や医療処置を担当しますが、その立ち位置は大きく異なります。


心と身体の痛み、苦しみを取り除く

ホスピスにおける看護師の大きな役割は、患者さんやそのご家族を包括的に理解できるよう努めながら、心のケアや支援を行うことにあります。

また、看取り、常に患者さんの死に向き合って業務を続けて行くこととなるので、強固な精神力と共に、遺されたご家族の人の心の動きを汲み取る繊細さを併せ持ち、仕事に取り組むことが求められます。

他にも、緩和ケア専門の医師と連携をとりながら、患者さんの身体の痛みを取り除くのも重要な業務のひとつです。

緩和ケアでは麻酔医の指示の下、一般病棟では使用しない麻酔や痛み止めを使用することもあります。それらに対する知識や使用経験を積み重ね、スキルを高めるのも看護師の仕事です。


患者さんにとって最良の環境を整える

ホスピスでは、医師やカウンセラー、薬剤師、介護福祉士など、他の職種の方々とチームを組み、連携をとりながら緩和ケアを行っていきます。

看護師の役割は、単体で患者さんやそのご家族と接するだけでなく、医療チームの一員として連携をとりながら、患者さんが安心して毎日をおくることができるよう、生活環境を整えることにあります。


ご家族の心身のケアを行う

ホスピスに入った患者さんのご家族は、本人よりも精神的に追い詰められているケースがよく見られます。

患者本人に死の覚悟ができていても、家族の心がついていかない、納得できないということが多いためです。死に向かう家族を見送る心の準備ができていない、そんな気持ちで付き添わなければならない家族の辛さは、想像するにあまりあります。

そういったご家族の心身のケアも、ホスピスナースの仕事に含まれています。また、中にはホスピスのケアやサポートを誤解している方もいらっしゃるため、緩和ケアに対する正しい知識の説明なども、看護師の役割となります。

<関連記事>
ケアミックスの看護師の求人を選ぶポイントとは


ホスピスで働く看護師の給料・年収

ホスピス勤務の看護師の給与水準は、総合病院の病棟看護師と同程度とされています。

しかしながら、ホスピスでは看護資格の他にも活かせる資格が数多くあるため、認定看護師や心理カウンセラー、保健師といった資格を取得していれば、資格手当が上乗せされ給与が高くなります。

一つ注意したいのが、ホスピスの施設申請を出さないまま、緩和ケアを実施している病棟があるという点です。


ホスピスには施設基準があり、条件を満たすと診療報酬の加算がありますが、病院の中には人員配置の問題などから、あえて施設基準を満たさない状態で「通称ホスピス病棟」といった形で、緩和ケアを行っている所があるのです。

このどちらに勤務しても、看護師自身の業務や立ち位置に変わりはありません。ただし、給与はホスピスの施設基準を満たしている病院・医療機関の方が高くなります。


収入を重視して転職活動を行う場合などは、この点をしっかりチェックしておくことをおすすめします。

<関連記事>
大卒と専門卒、看護師の給与に違いはある?


ホスピスが向いている人とは



ホスピスは、自分自身の死と向かい合っている患者さんが入所する場所であるため、痛みや苦しみを取り除く緩和ケア以外の、積極的治療は行わないという特徴があります。

そのため、患者さんが回復して退院していく姿に、喜びややりがいを感じるタイプの看護師にとっては戸惑いやショックが大きく、大きな精神的ストレスがかかる職場と言えるかもしれません。


しかしながら、患者さんとそのご家族と深く関わりながら、患者さんの望む穏やかな生活や環境作りに尽力するという仕事も、大変やりがいのある仕事であるはずです。こういった考えに気持ちを切り替えられる方は、ホスピスに適正があるのではないでしょうか。


他にも、ホスピス勤務に向いている人としては、

・ターミナルケアに興味や関心がある
・一人ひとりの患者とじっくりと向き合いながら看護を行いたい
・緩和ケアの認定看護師資格の取得を目指している



などが挙げられます。

<関連記事>
看護師のプリセプターが果たす役割を見てみよう


好条件のホスピス求人を探すには?

ホスピスは総合病院の病棟内にある場合や、ホスピスとして完全に独立した形で運営されている場合などがあります。

また、運営団体も民間から行政機関、宗教法人など多岐にわたっているため、勤務先によって、業務内容や給与形態、労働環境や拘束時間などに大きな差がみられます。


また、ホスピスとしての施設申請を行ってはいないが緩和ケアを行っている、といった病院などもあり、ある程度ホスピスに対する知識がないと、自分に合った勤務先を上手く選択できないという部分があります。

また、転職サイトなどに掲載された求人などでは情報量が少なく、ホスピス選びに必要な情報を十分に収集できないという問題があります。

そこで活用したいのが、看護師専門の転職サイトで利用できる、無料のキャリアカウンセラーや担当アドバイザーです。

カウンセラーやアドバイザーは、サイトに掲載されている求人よりも詳細な情報を検索できますし、疑問や質問に対しては、求人元であるホスピスや病院に直接問い合わせて回答をしてくれるなど、かなり親身な対応をしてくれます。

また、希望する条件(勤務時間や給与、希望する業務など)を伝えておけば、それに沿った求人を探して紹介してくれたりもします。

好条件のホスピス求人を探したい方にとって、キャリアカウンセラーやアドバイザーは心強い味方となってくれるはずですよ。




 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!

このページの先頭へ