児童養護施設の看護師求人、仕事内容は?



看護師の勤務先というと、病院やクリニックなどの医療機関が主なものですが、最近は看護師の活躍できる場が広がりを見せています。

児童養護施設も看護師の新たな活躍の場の一つですが、業務内容や待遇、給与水準などについては、まだまだ情報が少ないというのが実情です。

そこで今回は、児童養護施設で働く看護師の業務内容や給与水準、適性などについて考えていきたいと思います。


児童養護施設とは

児童養護施設は、児童福祉法によって定められた福祉施設の一つです。

児童養護施設では、災害や事故、親の離婚や育児放棄、不適切な養育からの隔離など、様々な事情によって家族による養育が困難と判断された子供たちが入所し、共同生活を行っています。

児童養護施設を利用する子供の年齢は、おおむね1歳から18歳までとなっていますが、特別な条件や理由が整っている場合は、乳児から20歳まで利用が可能となります。


児童養護施設での生活

児童養護施設では、子供たちができる限り家庭に近い環境で、心安らかに生活できるよう配慮されています。

子供たちは施設内で共同生活を送りながら学校へ通っていますが、学校生活の他にも、イベントや催し、行事などを通じて地域との交流を行ったり、余暇や趣味を楽しんだりもしており、これらの活動を通して健全に成長し、社会性を育みながら、社会的に自立できるよう様々な支援を受けています。

施設で子供たちを見守りサポートするスタッフ

子供たちの養育・教育は、個人個人の自立目標にそくした支援計画を元として、児童養護施設とは児童指導員、保育士などの専門職のスタッフが担当しています。

他にも施設には事務職員、調理師、栄養士、被虐待児個別対応職員、心理療法担当職員、職業指導員などのスタッフや、運営管理者の施設長などが在籍し、子供たちの生活をサポートしています。指導養護施設で働く看護師も、このスタッフの一員となります。

実際のところ、児童養護施設に対しては法律で看護師の配置の義務化はなされていません。そのため、まだまだ児童福祉施設で働く看護師の数は多いとは言えないのが実情です。


しかしながら「児童福祉施設のあかちゃん版」ともいえる乳児院や、児童養護施設でも乳児が入所する施設においては、看護師の配置が義務付けられています。

加えて、近年民間の児童養護施設の中には、他施設との差別化を図って独自に看護師を雇いれるところも増えてきており、児童養護施設で働く看護師の数も、少しずつではありますが増えてきています。

<関連記事>
学校保健室の看護師求人が少ない理由とは?


児童養護施設で働く看護師の仕事内容



児童養護施設内での看護師の役割・業務内容には、次のようなものがあります。

・子供たちの健康管理
・施設の衛生管理
・インフルエンザなど流行疾患、感染症の予防
・医療機関との連携、病院への付添い
・保育士の補助や施設内業務のサポート
・児童や職員の健康や保険に関する相談


児童養護施設においては、看護師も他施設職員同様「児童の生活をサポートする」という役割を担っているため、看護業務以外にも、保育士や家庭支援専門相談員などと協力しあいながら、児童とその家族に対して心身のケアやサポートを行います。

また、看護師は主に医療・看護面から入所している児童のケアを行っていきますが、施設職員の健康管理や児童たちの保育補助も担当するため、保育知識や一定以上のコミュニケーション能力も必要とされます。


児童養護施設は保育園や幼稚園と異なり、24時間体制で子供たちのサポートを行うことになるため、施設・勤務先によっては夜勤がある場合もあります。

夜勤帯には有資格者が看護師一人、などといったケースもあり、急病や急変といった緊急事態に迅速かつ適切な判断等が必要となる場合もあり、課せられる責任は重いものとなっています。


児童養護施設での給料・年収

児童養護施設で働く看護師の給与は、勤務先の運営状態や経営状態によって大きく異なります。求人で見られる条件としては「月収20万円~30万円」「年収300万円~400万円」といったものが多く、病棟看護師などと比較すると低い給与水準にあると言えるでしょう。

とはいえ、民間施設の中には福利厚生がしっかりしている所が少なくなく

・賞与年3回あり
・住宅手当あり
・残業月10時間以内
・子育て支援あり


など、給与以外の部分で魅力的な条件が付けられている求人も多く見られます。

これに加え、児童養護施設は病棟勤務と比較して拘束時間・実働時間が少ない傾向にあることを考慮すると「月収20万円~30万円」「年収300万円~400万円」という給与は低賃金、といった類のものではないと言えるでしょう。

<関連記事>
病院看護師の勤務時間の実情とは


児童養護施設での勤務が向いている看護師とは



一番の適性は「子供の世話をするのが好き」だということです。

児童養護施設に勤務する看護師は、入所対象者の健康管理や医療処置、衛生管理や感性予防といった看護業務だけでなく、保育士の業務も兼任するケースがほとんどです。

そのため「子供の世話をするのが好き」という方に適性があると言えるでしょう。逆に、保育士の仕事補助よりも看護分野の業務に力を入れたい、子供の世話は苦手、といった方には向いていない職業でもあります。


小児科病棟での勤務経験がある

児童養護施設や乳児院で働く看護師は「看護師でなければ行えない仕事」をたった一人で担当しなければならないことがほとんどです。施設に2人以上の看護師が配置されることは稀であるためです。

そんな中で、子供の病状の悪化防止や流行疾患の予防を適切に行うには、子供の些細な変化を早期発見できる観察力や経験、知識が必要となります。そういったことから、小児科病棟での勤務実績のある人にこそ、児童養護施設勤務は向いていると言えるでしょう。


コミュニケーション能力が高い

看護師は入所対象者のメンタル面のサポートや、保護者に対する助言なども担当するため、高いコミュニケーション能力が求められます。


また、医療面では医師と、心理面では被虐待児個別対応職員、心理療法担当職員、心理療法士などと連携をとって業務にあたる必要があるため、円滑な人間関係を築きながら業務にあたれる人に適性があります。

児童養護施設の業務は、医療や看護分野の知識だけでなく、保育知識をはじめとした様々な能力や知識が必要となります。しかしながら、一番大切だと考えられるのは「子供の面倒を見ること、世話をすることが好き」だという想いだと思います。

<関連記事>
看護学校教員の仕事やその特徴は?


児童養護施設の求人の特徴



児童養護施設への就職・転職を希望する場合、大変なのが求人情報の収取です。以前と比較して求人数は増えてきているとはいえ、児童養護施設の求人案件は希少案件といっても過言ではなく、一般の転職サイトやハローワークではなかなかお目にかかれないものです。

病院からの看護師求人と比べると圧倒的に求人数は少ないので、効率的に情報を収集するためにも、看護師専門の転職サイトを活用することをおすすめします。


また、専門の転職サイトでこまめに情報を検索するのも良いのですが、是非試していただきたいのが、多くの転職サイトで利用できるキャリアアドバイザーなどの担当スタッフへの相談です。

担当スタッフは非公開求人を含めて、相談者の希望に沿った案件を見極めて情報を提供してくれますので「児童養護施設の求人情報が欲しい」と相談すれば、その人にあった情報を適切に案内してくれます

これらの相談や情報サービスの利用ももちろん無料ですので、上手に活用して数少ない児童養護施設の求人情報を集めてみて下さいね。



 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ