看護師の転職先選び、検診センターの注意点は?



看護師が活躍する場のひとつとして、「検診センター」が挙げられます。地域の検診センターでは、看護師が中心となって企業を始め多くの人の健康診断や病気の早期発見に尽力しており、地域にとってなくてはならない施設です。

ここでは、検診センターの仕事内容や収入など、さまざまな情報を提供しています。


検診センターで働く看護師の仕事や給料

検診センターでの仕事内容



実際に検診センターで検診を受けたことのある人も多いと思いますが、健診センターでは体重測定から採血、聴力検査、胃カメラ、レントゲンなど、実に多くの検診を行っています。

健診センターで働く看護師は、それぞれの検診業務を中心に、受付や施設内の案内、検査の説明など、業務内容は実に幅広いです。

また、健診センターの施設内での検診はもちろんですが、企業に出向いて検診を行なう場合、出張があったり、検診車で企業に向かい、検診車内で検査を行なうこともあります。

業務はかなりハードワーク

健診センターでは毎日かなりの人数の検査を行いますので、業務はかなりハードです。次から次へと人が来て、休む間もなく検査が進められます。

検査自体は午前中で終了する施設が多いですが、その分朝が早いので、出勤してからすぐにフル回転で働かなければなりません。

給料について

健診センターには夜勤業務がなく、残業もほとんどないので、各種手当がつかないことから看護師としての収入は少し低めです。平均すると400万円前後のところが多いと思われます。

人手が足りないところではパートや派遣社員を採用している施設もあり、こうした非正規雇用の看護師の時給は1600円前後のところが多いようです。

<関連記事>
パートから看護師の再就職を目指す


検診センターで働くメリット


家庭や育児との両立をしやすい

前述したように、夜勤がなく残業も少なめなので、家庭や育児と両立しやすいという点は大きなメリットです。

クリニックなどの小規模医療施設も夜勤はありませんが、募集人員が少ないためなかなか求人がないというデメリットがあります。健診センターは多くの看護師を必要とするため、比較的求人を探しやすいのもメリットですね。

仕事が覚えやすく即戦力として活躍できる

健診センターでの業務は比較的単調で、担当が決まったら同じ作業を繰り返すことが多いので、仕事が覚えやすく一人立ちするのが早いという点もメリットだといえます。

病院にはいろいろな症状の患者がいますが、健診センターではイレギュラーがあまりないので、働きやすいです。

精神的にゆとりをもって働ける

救急センターなどでは常に緊張感をもって業務に望む必要がありますが、基本的に健診センターでは生死を争う患者が訪れることはありません。そのため、プレッシャーを感じることなくゆとりを持って働けます。

<関連記事>
ブランクのある看護師の復職、転職先選びのコツ


検診センターで働くデメリット

やりがいを感じにくい、キャリアアップしにくい

仕事を覚えやすいという点ではメリットになるかと思いますが、毎日単調な仕事になるのでやりがいを感じないことはデメリットといえるでしょう。

実際に検診センターで働いていた人で、やりがいを求めて転職していく人もいます。

またこうした理由からキャリアアップしにくく、支援制度なども用意されていないので、今後看護師としてバリバリ活躍したいという人には、検診センターでの仕事はデメリットに感じるかもしれません。

高収入が期待できない

前述したように、検診センターでの仕事は夜勤手当などの手当がつかないため、収入はどの施設でも低めに設定されています。クリニックなども大規模医療施設と比べると給料が低いですが、それと同じだと考えてよいでしょう。

収入と時間のゆとりのどちらを取るかという点が、検診センターに転職する際のポイントになりそうですね。


検診センターで働く上で求められるスキル


業務を正確にこなせる能力

検診センターではたくさんの人の検査を行なうので、ルーチンワーク的な面があり、同じことを繰り返しているうちにミスを起こしてしまうことが少なくありません。

同じ作業を繰り返していても、一つひとつ正確にこなせる能力は、検診センターで働く上でとても重要です。

採血をスムーズに行えるスキル

検診センターでは非常に多くの人の採血をします。どの医療施設でも、正確に血管を抑えて採血するスキルは重要ですが、検診センターの場合、正確性に加えてスピードも重要になります。

とはいえ、早さを重視して採血が雑になり、検査を受けている人が痛みを感じてしまっては大変ですので、正確性と早さ、両方の採血のスキルが必要になるのです。

<関連記事>
看護師求人の「臨床経験3年以上」は絶対条件なの?


検診センターへの転職で注意すべきこと

土曜出勤や残業がある施設もある

検診センターは日曜日が休みで残業がないイメージですが、その代わり土曜日はフルで検診が入ることもありますし、勉強会などで残業になってしまうことも無いとは限りません。

医療施設ではなんらかのスケジュールのずれが発生することは多いので、きっかり定時で帰宅できるわけではないということを理解した上で求人に応募する必要があります。

給料について明確にしている求人に応募する

検診センターの求人情報では、給料についてきちんと表記していないところもあるようです。いくら以上は保証、と記載されていても、いざ面接に行ってみたら、「一定の条件を満たしていない場合は当てはまらない」と言われてしまうこともある様子。

各種手当てや給料について、きちんと明確にしてある求人に募集することが、検診センターへの転職を成功させるポイントだといえるでしょう。

まとめ

  • 健診センターでの仕事内容は、各種検診や受付、施設の説明など業務は幅広い
  • 夜勤や残業がないため給料は低め、平均年収は400万円前後。非正規雇用の時給は1600円前後
  • 健診センターで働くメリットは、家庭との両立がしやすい点や、仕事を覚えやすい点
  • デメリットは、収入が低くやりがいを感じにくい点など
  • 健診センターに転職する際の注意点は、給料の明記が明確な施設に応募することなど



 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!

このページの先頭へ