20代での看護師転職で注意すべき点は?



どの業界でも、転職をするならできるだけ早いうちにしたほうがよいといわれています。看護師も当然当てはまり、20代のうちに転職をするほうが希望の場所に転職できる確率が上がるようです。

ここでは、看護師が20代で転職する上でのメリットや注意点などについて解説していきます。


20代看護師の強みや特徴


体力がありしっかり働くことができる

看護師は仕事がハードなことで知られています。そのため中年以降の看護師よりも、20代のように体力があり、バリバリ激務をこなせる若い人が採用されやすいです。

激務に耐えかねて転職を検討している人もいらっしゃるかと思いますが、それなりのハードワークであることはみなさん納得しているはず。

男性看護師の需要が高まっていることからもわかるように、体力がある人は看護師としての需要が高いのですね。

臨床経験があることから即戦力として活躍できる

転職ということは、これまで看護師として働いていた経験があるということ。臨床経験があれば、未経験のように一から教育する必要がなく、即戦力として活躍してもらえると判断されます。

特に人手不足の医療施設では、教育に十分な時間を割くゆとりがないところも多いので、即戦力として活躍できる人は重宝されます。

特にクリニックなどの小さい病院では、即戦力として働ける人を求めています。家庭や育児の都合からクリニックでの転職を希望している人は、一通りの業務ができるようになった上での転職が望ましいです。

<関連記事>
クリニック看護師へと転職するメリット・デメリット


20代での看護師転職におけるメリット


希望の職場に転職できる確率が高い

20代という若さのあるうちに転職する場合、希望する病院で働ける可能性が高まります。前述したように体力のある若者は看護業界での需要が高いので、できるだけ若い人を採用したいというのが採用側の本音です。

そのため中高年と比べるとどんな医療施設でも採用されやすい傾向があり、希望の施設に転職しやすい傾向にあります。特に夜勤を含むフルタイムで働く看護師は体力勝負な部分が大きいので、若い看護師のほうが需要が高いです。

キャリアアップできる

資格取得をはじめ、キャリアアップを求めて転職したいという人も多いのではないかと思います。

大規模医療施設では、資格取得における費用や生活費を支援してくれる制度を設けているところがありますので、そういった医療施設に転職できれば、キャリアアップしやすいです。

学校に通うための学費を貸与してくれたり、通学している間は働けないので、その間の生活費を毎月一定額貸与してくれる支援制度は、これからキャリアアップしていきたいと考えている看護師にとって、とてもありがたいシステムですね。

支援を受けるには年齢制限を設けているところもありますので、やはり20代という若いうちに転職するのが望ましいといえるでしょう。

<関連記事>
看護師のキャリアアップ、専門看護師と認定看護師の違いは?


20代での看護師転職で注意すべき点は?


最低2年、できれば3年の臨床経験があることが望ましい

看護師が20代で転職することに大きなデメリットはないと思われますが、臨床経験が少ないと転職しにくい可能性はあります。転職するにあたって必要な臨床経験は、最低でも2年、少なくとも3年は必要だといわれています。

あまり経験が浅いと、未経験と変わらないので教育するために時間が必要になりますし、一通りの業務を覚える前に前職を辞めてしまったとなると、「仕事が続かない人なのかな」という印象を与えかねません。

転職を検討した時にまだ2年も働いていない、という人は、少なくとも2~3年は一箇所の現場で落ち着いて働いて経験を積み、それから転職活動に入ることをおすすめします。

給料など条件だけで判断しない

現職を退職し、別の施設に転職したいという人は、今の職場に何らかの不満を持っているということ。

主に給料が低いという点に不満を持つ人が多いようですが、こうした条件だけを見て転職を決めてしまうと、またすぐに辞めてしまうということになりかねませんので気をつけましょう。

給料が高いのには理由があるはずで、かなりの激務であるかもしれませんし、人間関係が難しく看護師の定着率が悪い施設なのかもしれません。また、給料においても手取り収入を明記しているのか、額面の金額を明記しているのかによって、手元に残る給料はかなり違ってきます。

条件だけで判断して、いざ転職してみたら働きにくい職場だった……ということにならないように、施設の雰囲気や業務の運営についてもしっかりリサーチをした上で転職されることをおすすめします。

<関連記事>
看護師転職の失敗事例に学ぼう!

常に求人をしている病院に注意

どの求人サイトを見ても求人情報が掲載されていて、かつ一年中募集を行っているような医療施設も多いです。

大規模医療施設で人が足りない、ということもあるかもしれませんが、常に求人をしている施設では看護師の定着率が悪いという可能性も考えられます。


看護師の定着率が悪いということは、働く上で何らかの不満を持って辞めていく人が多いということですから、自分が転職したときも同じ不満を持つことがないとは限りません。

こうした医療施設に応募するときは、なぜ人材不足が続いているのかを確認した上で応募するようにしましょう。

転職を繰り返すと後に転職しにくくなってしまう

看護師は全体的に人員が不足しているといわれていますので、全国的に考えても需要が高く、転職しやすい職場として知られています。しかし需要があるからといって転職を繰り返していると、仕事が続かない人間だという印象を与えかねません。

ほぼすべての医療施設で、長く安定して働ける人を求めていると思われますので、よほどの理由がない限り、ある程度の期間は一箇所で腰を据えて働くことが望ましいです。

そのためにも転職先はしっかり吟味して、納得のできる職場を見つけてください。

まとめ

  • 看護師の20代での転職は即戦力となること、体力があることなどが強み
  • 20代で転職するメリットは、希望の職場に転職しやすいことや、キャリアアップできる点
  • 臨床経験が少ないと転職が難しいことも
  • 常に求人募集している病院は看護師の定着率が悪い可能性がある
  • 条件だけで職場を選ばず、働きやすさも重視して転職先を選ぼう
  • 転職を重ねていると定着率が低いと判断されてしまうのでご注意を



 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ