企業看護師の求人選びにはポイントがあります



一般企業に一社員として勤務する看護師を、企業看護師と呼びます。


企業看護師の職場はサラリーマンなどが勤務する企業内にあるため、病院・医療機関などの過酷な労働環境とは異なり、「日勤のみ、残業無、土日祝日休み」といった、比較的心身に負担のかかりにくい働き方が可能です。


企業で働く看護師の仕事内容について



企業看護師は、働き方によって以下のように分類することができます。

産業看護師

一般的に企業看護師という言葉からイメージすることが多いのは、この産業看護師ではないでしょうか。

産業看護師とは、企業内にある健康管理室や医務室に在籍し、健康診断や健康相談、メンタルケアなどを行いながら、社員の健康の維持と管理を担います。

主な仕事内容:健康診断の補助、社員のケガや病気に対する応急処理や医療機関との連絡・連携、メンタルケアなど


フィールドナース

フィールドナースとは、製薬会社や医療メーカなどに勤務し、看護師資格を活かして活躍する看護師です。

一般的には、営業マンと共に行動し、専門知識や医療現場での実務経験を活かして自社製品のPRなどを行うのが仕事です。また、最近では看護師向けの医療セミナーの講師や医療機関の業務改善を担当するコンサルティング業務などを行うケースも増えてきているようです。

主な仕事内容:高度な医療知識や経験を活かしたPR活動、営業マンのサポート、病院勤務の看護師相手の医療機器使用方法のレクチャーなど


治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)は、その名の通り制約メーカーなどに所属し、治験を担当する役割を担います。

治験コーディネーターは看護資格を持たなくても志願できる仕事ですが、医学的・薬学的知識や看護経験が非常に有用となるため、看護資格は就職時に有利に働きます。


また、治験コーディネーターとして製薬会社に勤める場合、厳密には看護師という立場で業務を行うことはありません。

主な仕事内容:医師と治験参加者の間に立ち、治験実施前の注意点伝達、質疑応答、治験補助などを行う。加えて、治験スケジュールの管理や症例報告書の作成補助、臨床開発担当者(CRA)への報告、連携など、企業看護師の仕事内容は、勤務する会社や所属する業界によって異なりますが、共通しているのは、勤務体系や福利厚生などの部分です。


企業看護師は、基本的にその企業で働く従業員・サラリーマンに準じた待遇となるため、日勤・夜勤なし、土日祝日休みの週休二日制で勤務することが大半となっています。加えて、賞与や公休などもしっかり保証されている勤務先が多いのも特徴です。

そのため、夜勤やシフト制の勤務に不安を覚える看護師の方や、安定した収入を得たい方、自分の能力やスキルを活かした働き方がしたいといった方々に人気の転職先となっています。

<関連記事>
夜勤専従看護師の求人探しのポイントは?


企業看護師の給料について



企業看護師の給与は、勤務する企業の規模や給与水準、業務内容によって大きく異なります。

実績や勤続年数によって異なる部分もありますが、年収相場は平均400~600万円といわれるので、日勤・土日祝日休みであることを考えると、高い給与水準にあるといえるでしょう。

病院勤務の看護師の場合は、夜勤や休日出勤の手当が高収入現となりますが、企業看護師にはこの手当がないため、転職した場合、一旦収入が落ち込むケースがあります。


ただし、企業勤務の場合は昇給のチャンスが多く、勤続年数や実績を重ねることで給与をアップさせることができるという大きな魅力があります。

勤務先によっては、特定の資格を取得することで資格手当がもらえる場合もあり、自分の能力や実績、頑張りを正当に評価にしてもらいたい、それを収入に反映してもらいたいという希望も叶います。


企業看護師が向いている人



コミュニケーション能力が高い

企業看護師はその種類を問わず、高いコミュニケーションスキルを求められます。

病院で働く看護師も、医療チーム単位で業務を行って患者さんと向き合うため、コミュニケーション能力は必要です。しかし、企業看護師の場合は医師をはじめとした医療関係者だけでなく、健康な方や、自分が身をおく業界とは関係のない業界人と接する機会が多いという特徴があります。

そのため、幅広い視野や知識が必要となり、どのようなタイプの方ともそつなく意思疎通が行えるだけのコミュニケーション能力が求められます。


基本的な事務・PCスキルを持っている

企業看護師はパソコンを使用したデスクワークが意外に多いため、事務処理やデータ管理、Officeソフトのスキルを持たない方は、業務を効率良くこなすことが困難となります。

看護師として病院勤務を続けていた方の場合、パソコンを使用したデータ管理や諸つい作成の経験が少ないケースが多いのではないでしょうか?


事務やパソコンのスキルは、努力次第で早期に身に付けることができますので、企業看護師に転職を希望する場合は、事前に勉強しておくことをおすすめします。

そうすることで、転職後、業務をストレスなく進められるだけでなく、応募時にスキルがあることをアピールすることができます。

<関連記事>
看護師の転職先でデスクワークの仕事は?

メンタルヘルス対応ができる

健康管理室などに勤務を希望する場合、メンタルヘルス対応や特定保健指導などができることが有利にはたらくケースが多く見られます。

以前は、企業看護師の仕事は診療介助や応急処置、健康診断補助などがメインでしたが、最近は企業向けのストレスチェックが義務化向けて動いているため、病棟勤務の経験や実績だけでは対応が難しい部分もでてきています。

そのため、メンタルヘルス分野のスキルや対応経験がある方は、今後企業看護師としての需要が高まると考えて良いでしょう。


企業看護師として働くには?



企業看護師として働きことを希望する場合、まず押さえておきたいのが「一般的な求人サイトには募集案件がほとんど掲載されない」ということです。

企業看護師は、

・日勤の上、土日祝日の休みが確保できるので体力的な負担が少ない
・勤続年数やスキルアップが収入に反映する
・複利厚生が充実している勤務先が多い


などの理由から大変人気が高い職業です。しかし、その需要に対して勤務先・募集人数が極端に少ない傾向にあるため、一つの求人に募集が殺到してしまうという問題もあります。

そこで、企業側も募集~採用にかけてのコストや手間を削減するため、信頼のおける専門求人サイトの運営会社にのみ、企業看護師の求人依頼を任せているというのが実情です。

<関連記事>
看護師転職、派遣で働くメリット・デメリットは?


結果、ハローワークはもちろんのこと、一般的な求人サイトなどに企業看護師の求人情報が掲載されることがない、という訳です。

そこで注目すべきなのが、看護師専門の求人・転職サイトです。実は、上記の理由から企業看護師の求人案件の約9割は、実績のある看護師転職サイトで扱われており、さらに応募者が殺到するのを避けるために「非公開求人」として扱われています。


こうすることで、採用する企業側は募集の段階である程度応募者を絞ることができ、スムーズに採用試験や面接を実施できる、というメリットが得られるんですね。

そのため、企業看護師となるための求人情報取得のカギは、転職サイト選びにあるということを覚えておいておきましょう。


また、企業側は依頼実績や取引のある運営会社にのみ求人を出す場合が多いため、A社の非公開案件には掲載されていたが、B社の非公開案件には載っていない、といったことが多々あります。

貴重な企業看護師の情報を漏らさずチェックするためにも、転職サイトに登録する場合は、運営会社の実績や評価を確認しながら、良いと判断できたサイトへ複数登録することをおすすめします。




看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!  詳しくはコチラ


このページの先頭へ