日勤常勤の看護師求人、メリットとデメリットは?



「日勤常勤」という働き方があります。聞きなれない言葉かもしれませんが、看護師の世界ならではの考え方です。看護師は需要が多く、「看護師不足」であるといわれていますので、ご自身のライフスタイルに合わせて、この働き方を選択しても医療現場では歓迎されます。

ただし、デメリットもありますので、そのあたりをここで理解しておきましょう。


日勤常勤看護師とは

ご存じのように、看護師、特に大病院に勤務する人にとって、夜勤は不可欠なものです。また、夜勤でなくても、シフト制などで労働時間が不規則になりがちです。

「日勤常勤」とは、簡単にいうと、

・夜勤がなく日中の勤務だけである
・パートやアルバイトではなく正規雇用である


という条件を満たす看護師の働き方です。夜勤がないので、生活リズムは安定し、子育てなどと両立させることも可能です。正規雇用なので福利厚生も充実していますし、ボーナスや退職金もあります。


日勤常勤のメリット



日勤常勤看護師のメリットは以下のようなことが挙げられます。

1.負荷が少ない

夜勤がないので、体力的にも負担が少ないですし、生活リズムが安定するので、メンタル面でも疲労は少なくなります。

2.ワークライフバランスが整う

夜勤がないので、プライベートの時間を充実させたい人はお勧めです。前もっていろいろな予定を立てることもできます。

また、子育て中の人などにとっても、時間を確保できますので家庭と仕事の両立がやりやすくなります。お子さんと触れ合う時間も十分に確保できます。

3.シフトの調整、休みが取りやすい

日勤常勤は夜勤がないだけでなく、土日の勤務もあまりありません。日中の看護師の数は多いので、子どもが急に発熱した場合や、学校行事のときなどで休むことも比較的容易です。
ほかの看護師との調整がしやすい=代わりになる人が多いと思ってください。

4.健康的な生活を送ることができる

医療の専門家である看護師の人には釈迦に説法ですが、日中の勤務と夜勤を繰り返していると、単に体力的なものだけではなく、体内時計もおかしくなります。人間の体内時計は、ホルモンの分泌や自律神経の安定に不可欠な要素です。

それがおかしくなってしまうと健康を害してしまいます。日勤常勤はこのような健康上のリスクを下げることができます。


日勤常勤のデメリット



一方でデメリットも存在します。

1.収入が落ちる

これが一番大きいのですが、夜勤がない=夜勤手当がないということですので、月々の給料は低くなります。また、夜勤の場合、超過勤務になりがちなので(それはそれで問題ですが)残業手当も多めになります。

病院の中には、夜勤の回数をボーナスの査定に反映させているところもあり、その場合はボーナスも低くなります。

2.昇進が遅くなる

看護師に限らず日本の組織にありがちなことですが、仕事内容よりもつらい環境に耐えた人を優遇する傾向にあります。本来はそうあってはならないのですが、「評価が能力は高くないが夜勤を多くする看護師>有能だが日勤常勤の看護師」になりがちです。

昇進とかそういうのは気にしないという人ならばいいのですが、キャリアアップを考えた場合不利になることがあります。

デメリット(主に収入面)を甘受できれば、日勤常勤という働き方はよさそうですね。


日勤常勤看護師のお給料、年収について



看護師の平均年収は470万円前後であるということは結構知られています。それはICUや手術室の看護師などかなり年収が高い人も含めた平均で、日勤常勤の場合はそれよりも低くなっています。

上で書いたように夜勤手当や残業代が少ないことが理由ですが、平均すると320万円~360万円程度であるといわれています。


夜勤のある看護師に比べて100万円以上低いということになります。それだけ夜勤手当が大きいということでもあり、1回の夜勤につき夜勤手当は1万円以上が相場であるといわれています。

子育て中の方など、家庭生活との両立のために日勤常勤にした人は別ですが、ワークライフバランス重視の人は、ライフを充実させるための収入も減ってしまうということを意識してください。


できれば、日勤常勤であっても収入が高い職場を選びたいものですが、それについては次の項で説明いたします。


日勤常勤のある職場とは



日勤常勤で勤めるためにはそれが可能な職場を見つける必要があります。

日勤常勤が可能な職場


1.外来専門の病院

入院施設がなければ夜勤をすることはありません。外来専門の病院やクリニックは日勤常勤スタイルで求人をしているところがあります。また、診療科目でも眼科や耳鼻科など比較的緊急性の少ないものならば日勤常勤の求人が多い傾向になります。

2.日勤専門病棟看護師

病棟看護師は不足気味なので、日勤限定看護師としての需要があり、「日勤限定」で募集しているところもあります。こうした求人ならば、日勤限定で働くことができます。土日休みも多く、スケジュール的にもいろいろと予定が立てやすいと思います。ただ、求人数自体は少ないようです。

一方で、急病人やナースコースなどが多いのが病棟の特徴です。何かあった場合はそれを放り出して(時間になったので)帰る、ということは同僚の視線もありますし、看護師としてもできないと思います。

夜勤のスタッフが急病になるという可能性もあり、その場合は自分が急遽夜勤をしなければならない、ということもあるかもしれません。絶対に日中だけの勤務で、夜勤は絶対にない、勤務時間の安定性という観点からは日勤病棟専門看護師は確実ではないかもしれません。

3.介護施設

医療施設ではなく介護施設で看護師の求人があります。ここでは、看護師は入居者の健康管理などをメインに行います。介護的なことをすることもありますが、基本は介護士の仕事です。

滞在型の介護施設(老人ホームなど)ならば介護士には夜勤はありますが、看護師はそういうことは求められていないので、日中の勤務だけが可能です。

4.学校看護師・企業看護師

企業や学校で働く場合は、基本的に夜勤はありませんので日勤常勤が可能です。業務も看護以外のこともあります。ただし、求人数は少なめです。


収入の高い日勤常勤の職場

日勤常勤の看護師は収入が低いと書きましたが、その中でも比較的収入が高い職場があります。

具体的には、以下になります。

1.美容外科

富裕層をターゲットにした美容外科などは、自由診療がメインなので売り上げも多く、働いている人の収入も高い傾向になります。緊急手術などもまずありませんし、(入院設備があったとしても)病気で入院しているわけではないので、夜勤対応する人も少なくて済むため、日勤常勤が可能です。

2.精神科

隔離病棟のある精神科は大変ですが、街のメンタルクリニックであれば日勤常勤で働くことも可能です。精神科の場合診療報酬に加算があるので、それだけ病院の収入も多くなり、働く人にも還元されます。

3.学校、企業

これはどこに勤務するかにもよりますが、私立学校や民間企業であれば待遇がよいところがあります。


日勤常勤は定時で上がれる?

日勤常勤の最大のメリットは夜勤がないことですが、残業はどうでしょうか。できるだけしたくないという気持ちはわかりますが、実際の業務を考えると、確実に定時に上がれるということはないようです。

病院側でも配慮してくれるところもありますが、正規雇用である以上ある程度は引き受けないといけない、という空気がやはり強いようです。


定時になったら、夜勤の人に全部任せて帰るというのは、なかなかできないというのが現実ですし、法律上も特段の契約がなければ、一定の残業をお願いすることは違法ではないのです。

どうしても定時絶対厳守、ということですと、日勤常勤ではなくパートやアルバイト形態での勤務になります。ボーナスや待遇が保証されているということは、ある程度は負担があると思ってください。

ただ、それも勤務先の判断です。本当に理解のあるところならばすごく配慮してくれるかもしれません。ただ、相応に能力が高いなど求められるものも大きいでしょう。


日勤常勤を探すなら転職サイト






すべての病院で日勤常勤スタイルの看護師を募集しているわけではありません。自分の力だけでそれを探すのは限界があります。そこで活用したいのが看護師専門の転職サイトです。

多くの求人が集まる転職サイトならば、日勤常勤に限定しても簡単に見つけることができます。収入や待遇なども比較することができますので、より収入が得られるところに応募することが可能です。


実際に残業はどうなのかなどについても、記載があります。病院なのかクリニックなのか、企業や学校なのか、それぞれの職場環境を知ることもできますので、まず登録していただいて実情を把握していただくのをお勧めいたします。

実際に応募する、しないは自由ですので、日勤常勤の求人がどのくらいあるのかを知ってください。思わぬ掘り出し物もあるかもしれません。


まとめ

  • 日勤常勤は基本的に夜勤がない
  • 日勤常勤は正規雇用なのでボーナスや福利厚生がある
  • ただし、残業はある程度しなければいけない場合がある
  • 収入は夜勤手当がないので低め
  • 日勤常勤の求人が多い職場がある
  • それを探すためにも転職サイトの活用が効果的




 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!


このページの先頭へ