市民病院の看護師への転職、給料や年収はどのぐらい?



看護師が転職を検討する時、勤務先の選択肢は多く、それぞれ施設ごとの特徴や待遇、メリット・デメリットなどをしっかり把握したうえで、自分の希望する働き方に合った求人を選ぶ必要があります。

ここでは公立病院のひとつであり、各自治体が運営する「市民病院」へ転職する場合の給料や年収、メリット、デメリットなどをまとめます。


看護師の職場、市民病院の特徴

市民病院もしくは市営病院は、市が運営する、市民の健康維持のための病院であり、地域の中核施設となるべき医療機関です。

複数の診療科をもつ総合病院であり、勤務することである程度のスキルや看護経験が身につくことを期待できます。

また市民病院に勤務する看護師は自動的に、「公務員看護師」となります。倍率が高い公務員試験を受けることなく地方公務員の待遇を得ることができ、社会的信用や職業・収入の安定が期待できるのが大きな魅力です。


市民病院の給料・年収は?


基本給・平均年収は高め

給与体系は地方公務員の規定に準じることとなり、平均収入を見てみると一般的な看護師よりも高めとなっています。

月収では、看護師全体の平均約32万円に対し、市民病院では約38万円と6万円程度高く、年収にすると全体平均430万円に対し市民病院では590万円と、約160万円の差が見られます。


平均月収から見ても分かるように、一般的な民間病院と比べて市民病院での基本給は高水準となっていますが、求人情報チェックの段階で基本給までしっかり確認しておきましょう。

求人情報の給与条件には、通勤手当、夜勤手当、残業手当などの各種手当額が含まれていることも多いです。

<関連記事>
夜勤専従看護師の委員会参加やラダー制度の適用はあり?

運営自治体による差が大きい

看護師給与には地域差が認められ、看護師全体で見てみても、都心で働く看護師の給与は全国平均よりも月収で3万円、年収で23万円高めであるというデータがあります。市民病院でもこの傾向は同じで、都市圏ほど給料は高めに、地方では比較的低めとなります。

「地方と都市」というギャップだけでなく、市民病院の場合、自治体の財政状態によっても看護師給与額が左右されます。自治体が財政難となれば、看護師の基本給は低めに抑えられ昇給は望みにくくなります。

市民病院への転職では、求人の給与条件チェックのほかに、自治体の財政状態についても一度調べておきたいものです。

退職金を期待できる

公務員では、長く勤務するほど給料や退職金が増えてゆきますが、これは公務員看護師でも同じです。一般企業では退職金が無い場合がありますし、あってもそれほど期待できないことが多いですが、市民病院ではその点は保障されています。

<関連記事>
外来看護師求人の勤務先、お給料を確認しよう


市民病院で働くメリット・デメリット


メリット

<メリット1 地方公務員待遇>

看護師資格のみで地方公務員となれる点は、やはり市民病院で働く一番のメリットと言えます。給与に関しては地域差があるものの、各種手当がしっかり支給され、退職金ほかの福利厚生が手厚く、長期休暇もとりやすいところが多いでしょう。

社会的信用が得られやすく、例えばローンを申し込む際に審査に通りやすくなります。一般企業と違って経営悪化や倒産のリスクがほとんどないので、リストラに遭う心配もありません。

<メリット2 スキルアップ>

民間病院と比べて医療環境に恵まれ、働きながら様々な臨床例を経験したり、看護スキルを伸ばしていくことができます。

<メリット3 働きやすい環境>

もちろん施設によりますが、総じて人間関係など職場のストレスは少なめです。看護師の人員が極端に不足していることは少なく、物理的にも心理的にも余裕をもちやすくなります。そのような点からも「働きやすい」と感じる看護師は多いようです。

<関連記事>
看護師の転職先でデスクワークの仕事は?

デメリット


<デメリット1 副業や身だしなみに厳しい>

正社員としての勤務の合間に、他施設での夜勤やイベントナースなどの副業で稼ぐ看護師もいますが、公務員は副業厳禁です。発覚した場合には、解雇を含め何らかのペナルティを課せられます。

「きっとバレないだろう」という思い込みにはリスクが大きく、転職を考える際にはこの点をしっかり頭に置いておきたいものです。

公務員看護師では、より厳しい身だしなみのチェックが行われます。明るすぎる髪色や濃いメイクはもちろんNGですし、つけまつ毛なども注意を受ける場合があります。事前に覚悟しておいたほうが良いでしょう。

<デメリット2 理不尽なクレームを受けがち>

混雑した院内で、待ち時間が長くなることが多い病院では、患者さんの不満が大きくなりクレームを受けることもありますが、なかでも市民病院では、公立であるがゆえに患者さんのいら立ちが強くなる傾向があります。

看護師や医師からの対応に気遣いが感じられない場合に、「こっちが払っている税金でまかなっているくせに」などと言われることがあります。もちろんクレームを処理するのは看護師の役割であるため、デメリットと感じることがあるでしょう。


市民病院への転職を検討する際に、基本給はいくらなのか、残業はどのぐらいなのか、自治体の財政状況のほか、どんなスキルアップを期待できるのか、研修状況や実際の職場環境など、知っておきたいポイントがたくさんあります。

働きながらの転職で、こういった情報を自分で全部調べるのは大変ですし、ツテがないと聞けないこともあります。情報が十分でない状態で、「公立病院だから間違いはないだろう」と安易に転職先を決めてしまうのにはリスクが伴います。


おすすめなのは、看護師の転職サイトの利用です。働いている間にサイトの専任エージェントが必要な情報を集めてくれ、空いた時間にゆっくりと吟味できます。求人探しから活動、面接、採用まで、無料でサポートを受けることが可能です。

まとめ

  • 市が運営する医療施設で公務員看護師として待遇
  • 平均月収38万円、年収で590万円と高水準
  • 地方か都市部か、また運営自治体の財政によって給与が左右される
  • 地方公務員待遇で安心でき、働きやすい環境が多い
  • 副業や身だしなみに厳しく、理不尽なクレームを受けることも
  • 求人先の情報は転職サイトで調べてもらえる


 看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!



このページの先頭へ