外来看護師求人の勤務先、お給料を確認しよう

病院やクリニックで働く看護師には、病棟看護師のほか「外来看護師」として勤める場合があります。病棟看護師と外来看護師の大きな違いは、夜勤の有無です。

夜勤を避けたい方におすすめの外来看護師には、どのような求人先があり、待遇はどのようになっているのかを知っておきましょう。

外来看護師の求人先として、内科、外科、小児科、産婦人科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科など、幅広い診療科がありますが、その施設から大きく2つに分けて「総合病院」と「医院・クリニック」における外来看護師の仕事を見てみます。

大学病院や医療センター、地域中核病院などの「総合病院」では、各診療科に外来看護師が就業し、来院患者の看護業務、医師のサポート、受付のほかケースバイケースでケアを行います。

内科の外来看護師ならば採血や注射が多くなり、外科の看護師ならば手術対応全般を行うなど、看護業務内容は、どの診療科に就くかによって大きく異なります。小児科や産科・婦人科では、より専門的な看護知識が必要です。

一方、「医院・クリニック」では、単科もしくは2~3の診療科であることが多く、施設規模も小さいため、医師数とともに看護師数も少なく、1~2名で勤務するケースもよく見られます。

看護業務だけでなく、診察全般に関わる雑務をこなす必要があり、受付や事務はもちろんのこと、清掃、消耗品補給、診察準備など、仕事は多岐にわたります。対患者の業務・時間が多いため、コミュニケーションスキルが高いほうが仕事がしやすいでしょう。

先述のように、外来看護師のメリットは、基本的に夜勤がないことにあります。生活環境上夜勤が無理な方や、自分の時間をしっかり確保したい方に向いていますが、給与待遇を見てみると、夜勤・残業のない分、収入は低くなります。

看護師全体の平均年収は470万円程度、月収にすれば32万円です。これに対し、正社員の外来看護師の年収は、およそ320~400万円、月収20~25万円となり、やはり大きな差額が見られます。

外来看護師にもパートやアルバイト、派遣といった臨時雇用がありますが、その場合の時給は、平均して1500円前後です。1日8時間・週休2日制で勤務したとして、年収250~380万円、月収21~32万円となります。

外来看護師でもより高い収入を望める求人先としては、都市部の総合病院のほか、心療内科・美容外科の医院・クリニック、夜勤ありの救急外来が挙げられます。

看護師専門の転職支援サイトならば、豊富な求人情報の中からより条件を絞って、外来看護師求人を探すことが可能です。



看護師転職サイト、おすすめ人気ランキング!  詳しくはコチラ



このページの先頭へ